FC2ブログ

07 | 2019/08 | 09

【競馬】金鯱賞【予想】 

東京は雨がしとしとと落ちている。明日のダービーは久々に雨の中で行われそうだ。芝の状態はまだまだ良好も、このまま降り続けば多少荒れて重くなるのかもしれない。天気は予想の重要なファクター。きちんと見極めていきたい。

さて、本日は中京で金鯱賞(GⅡ)が開催される。例年は宝塚記念を目指すGⅠ馬や一線級が集う同レースだが、今年はGⅢのような小粒のメンバー。10頭中5頭が7歳以上で、ここを勝って「すわGⅠ戦線へ」というような活きの良い上昇馬、未知なる若馬もいない。さらにハンデ差の全く無い別定戦ときては、馬券的妙味も望みづらいところだ。実際、ここ5年間は1番人気馬が4連対、唯一連を外した01年も3番人気馬が1着、2番人気馬が2着と手堅く終わっている。

ただ、このデータはそのまま活用できるわけではない。何故なら、ここ3年間の勝ち馬は全てタップダンスシチー。03年時は4番人気だったが(2着は1番人気)、04年、05年は当然の1番人気に応えての快勝で、「レース自体が1番人気の来易いレースとは」即言えないだろう。実際、ここ2年間の2着は6番人気馬。3着馬は共に2番人気というアラはあるが、本命サイドだけを買うのは避けたいところ。

現在の1番人気はローゼンクロイツ。中京コースは0-1-0-0で、中京記念の2着が信頼された格好か。大阪杯5着、天皇賞8着と兄弟の例に漏れずGⅠ、GⅡでは勝負にならないひ弱さを隠し持つが、このメンバーでは頭1つ抜けているか。雨に弱いのも同血統の特徴だが、これまでの中京のレースを見る限りでは影響は無いだろう。

あとは昨年の本格化以来、平坦コースとGⅢ級のメンバー相手ならば成績安定のエリモハリアー、ここ3走の内容に見所あるタイガーカフェ(フサイチジャンクの兄)、全く能力落ちを感じさせない古豪アサカディフィート、中京コース2-0-0-2のサンバレンティンまで。

◎ローゼンクロイツ
○タイガーカフェ
▲アサカディフィート
×サンバレンティン
△エリモハリアー

「買い目」

◎からとアサカディフィートから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/351-3414217f