07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中盤センター論~壱~ 

ウイイレでは、中盤のセンターに配置されるポジションを3通りに指示することができる。

すなわち、表題の3パターンということになるのだが、この役割づけをどうするかにこそ、自らの志向するサッカーの色、チームの色が表れるものである。

もちろん、選択するフォーメーションによって、組み合わせはそれこそ何十通りにもなるため、個別のシステムについては今回言及しないが、多岐に亘る選択肢を巧く活かすことによって、攻守のバランスやメリハリをきちんと付けることが可能になるのは間違いない。

と言うわけで、今回はあくまで自分のフォーメーションに即した役割別考察となる。その中で述べるものの真偽や正否は別にして、これまで漫然と選択してきた中盤センター部分の構築に際して、明確な意図を持った戦術的ディシプリンを導入することの有益性を示し、チームの心臓部分とも言える中盤を活性化させるための一助となれば幸いである。

さて、私自身が中盤をフラットに並べる4-4-2信者ということもあり(また別の機会で戦術論を披瀝できたらとは思っている)、基本的にセンターは2枚で、この場合の組み合わせ総数はDH+DH、DH+CH、DH+OH、CH+CH、CH+OH、OH+OHの6通りとなる。

この6通りの中から、自分が理想とする戦術を高いレベルで具現化できる組み合わせを選択するわけだが、個人的にはDH+CHが気に入っている。

あくまで個人的な感覚だが、CHは自軍ゴール前から相手ペナルティエリア付近まで、きちんとアップダウンを繰り返してくれるため、攻守に亘り満遍なく数的優位を作る動きをしてくれる気がする。余談であるが、サイドハーフの位置にいる選手をCHにしておくと、縦への突破の鋭さは若干落ちるが、得てして前掛かりになりすぎるSHの欠点を補完する動き―相手のカウンターやサイド攻撃にある程度対応してくれる―を見せてくれるため、個人的には重宝している。(私のイングランドでは、左サイドにハーグリーブスを配置しているが、これをCHに設定しているために、より守備を意識した動きをこなしてくれる。右サイドはある程度攻撃的に振舞うため、ハーグリーブスをセンター付近まで広く動かすことで、センターライトのジェラードが右サイドのケアに入り、ランパードがそれに合わせてやや右にスライドした時に空く中央から左サイドを幅広くカバーするのが狙い)

一方でDHには、ほぼ完全な守備専業としての役割を期待する。基本的に中央からの突破からスルーパスという戦術を駆使する方が多いので、いかなる時も深い位置に構えるDHを置くことで、ディレイによって全体の戻りを待ったり、素早いボール奪取からの速攻を狙ったりすることが可能となる。

この選択は、私自身がサイドアタックを戦術の中心に据えていることが大きく、ポゼッションを維持しながら、サイドチェンジ等でワイドに展開するため、シュートで終われずにボールを奪われると、どうしてもサイドの裏を狙われてしまう。その対応を、センターが上がり過ぎないようにすることで解決するといのが私の真意なのである。

もちろん、チームが保有する選手のキャラクターをいかに活かすかが大前提であり、適正がないにも関わらず同じ戦術の型にはめるのは愚の骨頂である。理想を追求するのは構わないが、あくまでチームの有機性を高めるために最善の組み合わせを構築することが肝要なのである。

以下、次回に続く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/35-d110bde8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。