FC2ブログ

06 | 2019/07 | 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨 

の日ほど物思う日は無いのかもしれない。歌の詩にも雨を様々に見立てたものが多く、タイトルに冠したものも少なくない。

そして、何より私自身が雨の日に多くの詩を書いている。

しとしとと降り注ぐ様、全てを流すかのように打ち付ける激しさ、そして心を叩くような音…。

夜と雨のセットはいたく心を誘う。

かと言って、これから何かを著すわけではないのだけどw


雷光が空を白く磨き、轟音が恐怖を煽っている。


永久に心を流せ、何もかもを失うまで・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/349-f2fdbfc1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。