07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Football Manager 2006 日記~ミラン vol8~ 


12月

4日 奇しくも暁監督のバースデーがコパ・イタリア1回戦2ndレグ。誕生日にふさわしいゴールラッシュを期待したが、ゴールはヤンクロフスキーがFKから直接叩き込んだ1発のみ。なんとも微妙なゲームとなった。
(;・∀・)

8日 リボルノとのホームゲームでミランがまさかの敗北を喫した。相手GKがレイティング9を叩き出す好パフォーマンスを見せ、ミラン自慢の攻撃陣を押さえ込んだ。3試合連続で白星を逃したミランは順位も6位に急降下。首も危なくなってきた・・・。

11日 なんとか流れを取り戻したいミランは、UEFA杯のグループリーグ最終戦を迎えた。イングランド・プレミアリーグのバーミンガムとの試合は、ガットゥーゾの豪快な30メートルミドルシュートで幕を開け、後半にはヤンクロフスキーの直接FKとヒメネスのゴールで3-0の完勝を収めた。これがきっかけになってくれればなぁ。

12日 ユーロ覇者としてコンフェデレーションズカップに出場するスペインは予選リーグでオーストラリア、ギリシャ、ブラジルと対戦することが決まった。グループAはイタリア、メキシコ、ナイジェリア、ニュージーランドなんですが・・・。
(;´∀`)・・・うわぁ・・・

12日 4連勝でグループステージを突破したミランのUEFA杯決勝トーナメント1回戦の相手がセビージャに決定。さすがにこの辺りからは相手も強敵だ。

14日 FIFA最優秀選手賞はロナウジーニョが2004年以来4年ぶりに受賞した。

14日 今季昇格組のリミニとのアウェーマッチは、トーレスの2ゴールで押し切った。ゴールはいずれも後半挙げたもので、最下位に沈む相手といえど、その守備力は侮れないと思い知らされた。

17日 最近日程が詰まっているミラン。中2日で曲者ウディネーゼとアウェーで対戦する。しかもこの後は中1日でボローニャとのアウェーマッチが控えており、コンディション面が心配でならない。パレルモの時はさほど気にしなかったが、やや健康さに難のある選手が多いミランだとターンオーバーでも補いきれない部分もある。さて試合の方は、低調攻撃陣が相手GKとDFに良いようにあしらわれ、0-0のスコアレスドロー。15位相手にこの内容では、スクデットなど夢のまた夢だろう。

19日 あまりにもゴールが遠いため、フォーメーションを4-3-3にして迎えたこの試合。安易な変更が逆に混乱を招いたか、立ち上がりからリズムが悪く、あっさりと先制を許す。後半、セットプレーから何とか同点に追いついたが、グアルダートの好セーブが無ければ負けていたかもしれない。

※全く良い所の無いミランは4位。まだ首位パレルモとの勝ち点差は2しかないのが救いか。

21日 チェルシーのテリーが年間最優秀選手賞を受賞した。次点はイブラヒモビッチ、次々点はアンリ。

21日 ホームでのテルナーナ戦は相手に2人の退場者が出たこともあって3-0で勝利した。ただ、シュートを30本放ちながら全得点のうち2ゴールがPKによるものでは情けない。うちのFWは決定力が全く無いのか?特にヴィジャ。ハイライトで決定機を止められまくってるのは君だ。全ての能力は最高級なのに、どうして入らないのかなぁ。レイティングも安定しないし。

※これにて暫しのウインターブレイクに入るセリエA。スクデットに一番近いのはユーベだなぁ。

27日 ここまでリーグ戦3位とまずまずの成績を残していたアーセナルに激震が走った。ベンゲル監督が突如解任されたからだ。確かに首位チェルシーとの勝ち点差は15と相当離れてしまっていたが、06年、08年とコンスタントにリーグ優勝を成し遂げていただけに、不可解さを禁じえない。後任の筆頭には暁監督の名前が挙がったが、もちろんここでも返答は「興味なし」だ。ミランを終えたら、そろそろ違うリーグに行ってみたいけれど。

29日 アーセナルからオファーが来たが、さすがに就任したばかりでミランの監督を辞める気はない。丁重にお断りを入れておいた。


○12月最終成績○

12gatu


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/317-6108cbaa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。