10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Football Manager 2006 日記~ミラン vol7~ 


11月

1日 激しい打ち合いの様相を呈したミラン対ローマの一戦は、トーレスの2ゴールでホームのミランが競り勝った。共に攻撃を持ち味とする両チームの戦いは点の取り合いとなり、一度は3-1とミランがリードを広げたものの、直後にローマもゴールを決めてしぶとく食い下がり、最後まで結末の予想できない好ゲームとなった。まぁ、監督にしてみれば寿命の縮む思いだったがw

次節にはアウェーでユベントスとの大一番が控えているだけに、なにはともあれ勝って迎えられて良かった。

8日 スペイン代表はパラグアイとのテストマッチに臨み、2-1で勝利。ヴィジャの負傷は痛い・・・。

12日 続いてコートジボワールとテストマッチ。知らない間にGKが1人もいなくなっており、オレゲールをGKへ回す苦肉の策。こんなんで到底勝てるわけもなく、1-2で敗れた。

16日 ユベントスのホーム、デッレアルピに乗り込んでの大事な一戦。前節アウェーでテルナーナに敗れるという大失態を犯したユベントスだが、この試合はムトゥ、イブラヒモビッチが出色のデキ。前半早々に3点のリードを奪うと、ミランの反撃をピルロのロングシュートによる1点に抑えて圧勝。逆にミランは全くいい形を創れずに惨敗を喫した。

20日 UEFA杯グループステージ第3節はアウェーでのMetalurg D戦。さすがにここでは負けられないと、3-0の完勝。無傷の3連勝でグループステージ突破を決めた。

23日 ついに迎えた初のミラノダービーは、立ち上がりからホーム扱いのミランが圧倒。前半だけで14本のシュートを浴びせるなど試合を完全に支配するが、GKジュリオ・セザールが悉くストップし、ゴールはシェバが久々に決めた1ゴールのみ。しかも、前半ロスタイムには一瞬の隙を突かれてマルティンスに同点ゴールを許してしまう。後半開始直後に再びシェバがゴールを決めて勝ち越しに成功したが、ゴール前でのFKをルッロがアドリアーノへパスしてしまうという信じられないミスから再度同点に追いつかれ、痛恨のドロー。内容と結果が伴わない悪循環に、暁監督は呆然とスタジアムに立ち尽くした。

26日 コパ・イタリア初戦の相手はテルナーナ。ここは「スイープ」したいところだったが、3-0とまずは期待通りの結果を残した。


○11月最終成績○

11gatu.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/313-c537150e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。