FC2ブログ

07 | 2019/08 | 09

土曜日の競馬予想 

久し振りに腰を据えて予想が出来る時間を得たので(といっても、土曜出勤中…)、簡単な予想をしてみます。

『ニュージーランドT』

◎マイネルスケルツィ
○ドラゴンウェルズ
▲ロジック
×タガノバスティーユ

中山2戦2勝、前走は2番手から鋭く抜け出して突き抜けるという鮮やかなレースぶりが印象的なマイネルが本命。ここ数年は高速時計による決着が続いており、同距離の持ちタイムで最上位の同馬は外せない。「マイネル軍団」の岡田総帥が、2005年度1の番馬として挙げていた素質馬に期待したい。

対抗は3戦2勝2着1回と底を見せていないドラゴンウェルズ。今回大外枠に入ったことで、これまでの「先行抜け出し」からやや控える競馬となりそうだが、「追える」藤田騎手を配しているだけに新しい一面が見られそう。直線一気の脚で主役不在のマイル路線を盛り上げる存在となって欲しいものだ。

僅差の負けが続くロジックは地方の雄、豪腕内田博に乗り替わって妙味あり。常に34秒台後半~35秒台前半を叩き出す末脚は確かな同馬だけに、十分一発が期待できるだろう。

あとはメンバー唯一の重賞勝ち馬であるタガノバスティーユを押さえておく。前走は直線だけでひとまくり。ただ、父ブライアンズタイムの短距離馬というとダートか芝ではスプリントまでの印象が強い。その辺りに不安があるため、個人的には買いにくい。

「買い目」

◎○▲のBOXと×を薄めに。あとはロジックの単も面白い。実はロジック中心w


『阪神牝馬S』

◎ラインクラフト
○シーイズトウショウ
▲チアフルスマイル
×エアメサイア

今年から新設された古馬牝馬GⅠ「ビクトリアマイル」に向けた前哨戦として、冬からこの時期に移行した同レースに、大舞台を目指す有力馬が早くも顔を揃えた。中でも注目はラインクラフト。前走高松宮記念から中1週で使ってきたが、ひと叩きして体調はさらに上昇。前走は、久々&初距離とは思えない素晴らしいレースを見せてあわやの2着と大健闘。牝馬同士でならば負けられないところだ。これといって不安要素が無く、当該距離は3戦全勝と得意にしているだけに、勝って勇躍次へと臨みたい。

対抗は牡牝問わない「短距離のドン」になりつつあるトウショウ。近走は好走しても勝ち星に恵まれないが、前走は勝ち馬と2馬身差の僅差に粘り込み改めて力を示した。阪神コースへの適正も6戦2着3回とまずまず。ここは好勝負可能。

あとは牡馬に混じって走った中山記念で3着に突っ込んだエア。本質的には中距離馬だが、能力は古馬牝馬でトップクラス。末脚は確かで流れが向けば秋華賞の再現が見られそうだ。

穴は京都牝馬特別で「お世話になった」チアフルスマイル。どのレースでも安定して最後は伸びてくる馬で、前が速くなれば上位人気馬との斤量差が生きてくる。


明日の桜花賞に向けて、まずは試運転。きっちり当てて勢いをつけたい。

「買い目」

ラインクラフトから正直に流しましょう。ただ、昨年冬の同レースでやらかした件もあるので、過信は禁物。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/298-2cf76652