FC2ブログ

08 | 2019/09 | 10

第3回UNK杯 

4月2日夜半、週末恒例となった「UNK杯」第3回大会が開催され、参加者5名総当たりによるリーグ戦で0勝4敗の成績となったLpier氏が、無惨にも3代目UNKを襲名した。優勝したのは第2回大会に引き続きhoyte氏で、ここにきて非常に好調ぶりが目立つ。以下、2位Nack氏、3位moonrace氏、4位に2代目UNK王者Kuya_A氏がつけた。

同大会は日本最高のサッカーゲームである「ウイニングイレブン」の欧州版「Pro Evolution Soccer」(PC用)を用い、ネットワーク対戦を通じて進行されるローカル大会。毎回参加者による協議でレギュレーションが定められ、今回は「W杯出場国・チーム選択ランダム・リーグ戦」の条件で執り行われた。

戦前の予想では、オランダを引き当てた暁氏、チェコのhoyte氏の優勝争いが有力視され、逆にパラグアイを引いたmoonrace氏、ポーランドのNack氏、エクアドルのLpier氏は苦戦必至との見方が大勢を占めた。

ところが、蓋を開けてみればNack氏がhoyte氏を破るという、いきなりの大波乱。オランダを駆る暁氏もLpier氏との初戦こそ制したが、次戦でhoyte氏に敗れて以降は完全に精細を欠き、先制しては追いつかれて引き分ける悪循環。優勝争いから脱落した。

毎回優勝争いに加わるmoonrace氏は、およそ1週間ぶりの実戦となったことに加えてチーム力的にも苦しく、イマイチ波に乗り切れず。

こうなると優勝が見えてきたNack氏だったが、暁氏を破って勢いに乗ったhoyte氏が残り2戦を全勝でくぐり抜けたのに対して、1勝2分とてこずり、惜しくも優勝を逃した。

4戦全敗と厳しい結果に終わったLpier氏は、長引く自らの不調とチームの弱さが相俟って、いかんともしがたい状況に陥ってしまったようだ。技術面というよりは、精神的な面が大きいように思えるが・・・。

3kaime.jpg


スポンサーサイト



コメント

Lpier氏は永遠に滅です_| ̄|○
とりあえずCL終わるまでPES封印します;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/292-c5a71d5f