FC2ブログ

05 | 2019/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Football Manager 2006 日記~パレルモ vol9~ 

1月後半

16日 バルセロナが9億7千5百万円でウディネーゼからフェリペを獲得。ファンもこの若手ディフェンダーの獲得を喜んでいる。インテルに加入したテベスの嫌われようと大違いだなぁ。性格的なもの??

17日 練習に復帰したばかりで実戦に戻ったわけでもないのに、マキンワがアフリカネーションズカップを戦うナイジェリア代表に召集された。これでまた怪我とかしたら最悪だ・・・ (((( ;゚д゚)))アワワワワ

18日 アウェーで15位のレッジーナとの対戦。中2日の強行日程も比較的コンディションが高いのはありがたい。一応ローテーションが可能なメンバー構成になっているため、出番が少ない選手を中心にセレクションして臨む。

3-6-1と中盤を厚くして中央突破を図るレッジーナに対し、パレルモはアウェーでもサイドを高く保ち、そこを起点に攻めの姿勢を鮮明にする。前半12分には自陣からのクリアボールを左サイドのボナンニがダイレクトでスルーパス。走り込んだマクブライドはGKが前に出ているのを見逃さず、巧みにループシュートを放ち先制点。しかしレッジーナも反撃。19分にはオースティン・デルガドがタイミングよくディフェンスラインの裏へと抜け出しゴールネットを揺らす。だが、これはオフサイド。

前半はこのまま0-0で折り返す。

後半に入り56分、レッジーナはメスト、コッツァ、デルガドと完璧なダイレクトパスでエリア内に侵入すると、デルガドが同点ゴールをあげる。

連勝を止めるわけにはいかないパレルモ。その執念が実ったのは69分。パルミテッリからの絶妙なスルーパスに反応したマクブライドが再びゴールを揺らす。

しかし、最後に笑ったのはホームのレッジーナだった。その2分後、ゴール正面で得たFKを今季ノルウェーのValerengeからレンタルでやってきた同国代表のMagne Hosethが直接決めて同点。

パレルモにとっては痛い引き分けとなった。


~試合結果~

レッジーナ 2:2 パレルモ

得点者 (H)デルガド、ホセス
    (A)マクブライド2
MOM ホセス(レッジーナ) 魔法の様なFKで貴重な同点弾をあげた。

―――――――――――――――――――――


20日 エースのカラッチョロがようやく練習に復帰。これで怪我人がいなくなった
ヽ(≧□≦)人(≧∀≦)人(≧▽≦)人


21日 上位進出を懸けて好調の3位フィオレンティーナとホームで激突。ここに来て上昇ムードのパレルモが予想オッズでは上回るも、ここ19戦を12勝7分の無敗とするフィオレンティーナの勢いはどうやら本物だ。苦戦は必死だろう。前節で温存した主力を加えて当然フルメンバーで迎え撃つが、果たして。

試合は、戦前の予想に反して圧倒的にパレルモペース。素早いチェックとワイドな展開で主導権を握り、数多くのチャンスを生む。しかし、パルメイラスから移籍して以来直ぐに定位置を確保した若手ブラジル人GK、Diego Cavalieriがこれを悉くシャットダウン。なかなかゴールが奪えない。

そんな中、やはり頼りになるのはキャプテンコリーニだ。深い位置からのロングボールをザッカルドが折り返すと、待ち構えていたコリーニがダイレクトシュート!!矢のようなボールがゴール左に突き刺さり、ホームのパレルモが先制する。

その後も果敢に攻めるパレルモはリードを保ったまま84分、この試合巧みなポストプレーでチャンスを創っていたミゲルがワンツーリターンから加入後初ゴールを決めたかに見えたが、惜しくもオフサイドの判定。

結局、試合は1-0のまま動かなかったが、パレルモはフィオレンティーナに20戦ぶりとなるフィオレンティーナに土をつけ、サンプドリアを交わして5位へと浮上した。


~試合結果~

パレルモ 1:0 フィオレンティーナ

得点者 (H)コリーニ
    (A)

MOM カヴァリエリ(フォオレンティーナ) ビッグセーブを連発し、立ち塞がった。

―――――――――――――――――――――

※5位になったことで監督の手腕に疑問を抱いていた皆様の悩みも晴れた模様。なんとも現金なことですな ヽ(´―`)ノ

28日 久々に1週間空いての試合。シエナのホーム「アルテミオ・フランキ」に乗り込んでの1戦は、開始10分にパルミテッリが見事なドリブルからゴールを決めて先制したものの、試合自体はシエナペース。幾度と無くゴールを脅かされるたが、久々に先発したGKアンドゥジャルが必死のセーブで死守する。

「いつ同点に追いつかれても不思議でなかった」と暁監督が試合後振り返ったように、一向に流れを掴めないパレルモだったが、90分には相手のGKへのバックパスがミゲルの元へ飛んでくるというラッキーな展開から、ミゲルが念願の移籍後初ゴールを決めて2-0。内容はともかく、きっちりと勝ち点3を積み上げたのは大きい。


~試合結果~

シエナ 0:2 パレルモ  

得点者 (H)
    (A)パルミテッリ、ミゲル
MOM ミゲル(パレルモ) ラッキーな初ゴールをあげたほか、ポストプレイでもチームに貢献した。

―――――――――――――――――――――



○1月最終成績○

写真参考



1月の結果。徐々にチームは上向きになってきた!!

1gatu

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/234-e7b31c77

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。