05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大幅加筆】ウンターハヒンク日記・12 

ウンターハヒンク日記

image_5208-_20130130122607.png


■ここまで■

大幅に選手を入れ替え、新シーズンに臨む。そして、ヨーロッパリーグという新たな舞台に立った。




~クリスティアン・シュバルツ記者のコラムより~

ヨーロッパリーグは全日程を終了し、ベスト16の顔ぶれが決定した。そこで今回は、ウンターハヒンクの歩みを振り返りたい。

ウンターハヒンクは予選3回戦から登場した。対するはリトアニアのスドバ。“初陣”がアウェイというプレッシャーのかかる状況だったが、相手に1本のシュートも許さずに3-0で一蹴した。続くホームでの戦いは油断からか1点を失ったものの4-1で大勝。アグリゲートスコア7-1で4回戦へ進んだ。

vsSuduva-a.jpg
アウェイにもかかわらず、シュート23本を浴びせて楽勝した

vsSuduva-h.jpg
ホームで内容が落ち、監督は不服そうだったが、4-1と楽勝

4回戦ではギリシャの強豪AEKが立ち塞がった。ホームで絶対的な強さを誇るギリシャ勢に苦戦を予想する声は少なくなかったが、そのAEKのホームで堂々たるパフォーマンスを披露。6割を超えるポゼッションで主導権を握り、3-0で完勝した。ホームでは決定力を欠き、1-1で引き分けたが、2試合を通じて優勢は揺るがず。新興クラブの勢いを見せ付け、“本選”へと歩を進めた。

vsAEK-a.jpg
絶対的なアウェイにも動じず、後半で勝負を決めた

vsAEK-h_20130130113159.jpg
3回戦に続きホームで内容が落ち、監督は再び苦言を呈した

その本選では、ウディネーゼ、アヤックス、パルチザンと同居した。いずれも各国で確固たる地位を築いている強豪だ。

group-h.jpg
突出した戦力を誇るクラブのないグループH

前評判では、アヤックス、ウディネーゼに次ぐ3番手。ただ、ウディネーゼにはヨーロッパリーグを軽視する傾向がある。決勝トーナメント進出を十分に狙える組み合わせとなった。指揮官も「リーグ戦とヨーロッパリーグの両立は厳しいが、それに耐えられるだけの選手層はある。当然、ベスト16を目指す」と強気に言い放った。

ところが、その出鼻を挫かれた。アウェイでのアヤックス戦。11分、ボールサイドの逆にいる選手のマークを完全に怠り、Madureiraに決められると、4分後にはスルーパスで中央を破られて追加点を献上する。18分にCKからVukovicがニアで合わせて1点を返すが、追い上げるべき後半に2点を失い、1-4の惨敗を喫した。

vsAjax(A).jpg
内容はそれほど悪くなかったが、守備が崩壊した

最悪の初戦となったが、そこから巻き返す。ホームでのパルチザン戦は、立ち上がりから気迫を前面に出して主導権を握る。ラフな当たりが多くなり、22分、41分と相手を負傷退場させたのは“過剰”だったが、Messaoudiの終盤の2発で“初白星”を手繰り寄せた。

vsPartizan-h.jpg
退場者を出し、さらに2-0から1点を返される薄氷を踏む勝利だった

Messaoudi.jpg
2得点を挙げたMessaoudi。Santosよりも先に覚醒しつつある

第3節と第4節は決勝トーナメント進出を争うウディネーゼとの連戦。勝ち点を直接やり取りする最大の“難所”だ。まず第3節は、ホームの利を生かしてボールを保持。第2節と同様にゴールは遠かったが、ようやく65分、Immobileがネットを揺らすと、79分にはBajramiが豪快なミドルを突き刺して2-0とする。残り10分で2点差。勝利は確定的と思われたが、守備陣が支えきれない。82分、セットプレーのマークが甘くなって1点を失うと、ロスタイムだった。カウンターでディフェンスラインの背後を取られ、まさかの同点弾を献上。勝ち点2を土壇場で失った。

vsUdinese-h_20130131095342.jpg
ホームで勝ち切れず、痛いドロー

第4節は、イタリアの強豪でさえ手を焼くフリウリでの開催。指揮官は難所を乗り越えるため、秘策を講じた。4-2-3-1の採用だ。FWを1人減らし、中盤を厚くして“ボール狩り”の圧力を高める一方で、トップ下にDericiを抜擢。高い技術と創造性を持ち、得点力も兼ね備えるトルコ人MFに“一撃必殺”を求めた。

Derici.jpg
20歳時の写真。現在は、全般的に成長している

攻勢に出たのは、やはりウディネーゼだった。37分にはOperaが左サイドのタッチライン際から一気に中へ切れ込み、豪快にGKのニアを破って先制する。劣勢のウンターハヒンクだったが、48分、Bajramiがセンターサークル付近でDericiからパスを受けると、スピードを生かして独走。GKを交わしてゴールネットを揺らし同点に追い付く。

58分にはRibasの巧みなターンでCBが交わされ、ゴール右隅に決められて勝ち越されたが、Dericiが再び輝く。78分、右サイドからのクロスに中央でヘディングで合わせると、これが同点弾となった。Dericiが先発起用の期待に応えて1得点1アシストと輝き、難所から勝ち点1を持ち帰った。

vsUdinese-a_20130131095250.jpg
2倍ものシュートを打たれたが、引き分けに持ち込んだ

Bajrami_20121218105545.jpg
2試合連続ゴールでDericiと並び勝利の立役者となったBajrami。新加入ながら完璧にフィットしている

両者譲らず――。ウディネーゼとの“決着”は、残り2試合に委ねられた。第5節は、アウェイで大敗したアヤックスをホームで迎え撃つ。

アウェイでのスコアが物語るように、地力では及ばないウンターハヒンク。ホームでもボールを回される展開となる。それでも先手を奪ったのはウンターハヒンク。左からのクロスをGKがこぼすと、中央でDericiがプッシュした。

だが43分、アヤックスは左サイドを崩すと、中央への折り返しにSulejmaniが詰めてグループ首位のプライドを見せる。さらに、後半も猛攻。ウンターハヒンクを自陣に釘付けにする。

そこに立ちはだかったのが守護神のRiedererだった。好セーブを連発し、アヤックスの攻撃をシャットアウト。アタッカーは彼の奮闘に応えたかったが、Santosがチャンスをことごとくフイにし、1-1のドローに終わった。

vsAjax(H).jpg
アウェイでの大敗からすれば、1-1のドローは健闘と言えるか

Riederer_20120626113050.jpg
ELでは守護神を務めるRiederer。この試合のレイティングは9を記録した

この時点でウンターハヒンクは1勝3分1敗の勝ち点6。ウディネーゼも1勝3分1敗の勝ち点6で、全ては最終節の結果次第となった。ウンターハヒンクの相手はパルチザン、ウディネーゼの相手はアヤックス。巡り合わせが、ウンターハヒンクを後押しした。

アウェイでのパルチザン戦、ウンターハヒンクの“突破”への強い気持ちが、いきなり実を結ぶ。3分、右からのクロスをDericが落とし、Santosが豪快にゴールへ叩き込んだ。前節での汚名を返上する貴重な一撃だった。

しかし、相変わらず守備陣がピリッとしない。16分、コンビネーションで左サイドを破られ、Diarraに“お返し”とばかりの痛烈な一撃を浴びる。

あっさりと追い付かれる嫌な流れ。それを断ち切ったのが、McCleanだった。Dericiのスルーパスを受けて抜け出すと、冷静にゴール左隅を射抜いた。76分にはElmがミドルシュートを突き刺し、勝負あり。アヤックスと引き分けたウディネーゼを抑え、ベスト16の座を手にした。

vsPartizan-a.jpg
決定力の差が勝敗を分けた

McClean.jpg
新戦力のMcCleanはBajramiと同様、得点に絡めるのが特長

グループステージは2勝3分1敗の勝ち点9、11得点11失点という結果だった。

EL-group.jpg
失点の多さは今後の課題だ

とりわけ目立ったのは、勝ち切れなさ。その最大の要因は“失点癖”だ。6試合の全てで失点している。ベスト8を目指す上で、守備のテコ入れは欠かせない。一方で、攻撃は手応えを掴んだ。4節で導入した4-2-3-1が奏功している。トップ下ではDericiが躍動。3試合で2得点3アシストの結果を残し、ベスト16の立役者となった。敵地でのウディネーゼ戦、ホームでのアヤックス戦と厳しい試合で活躍したのも今後に向けて心強い。

決勝トーナメント1回戦ではイタリアのインテルに挑む。アヤックス以上のタレントを有するメガクラブと、どう戦うのか。野心家の指揮官は腕を撫しているに違いない。

----------------------------------------------------------------------------------

<編集後記>

さんざん放置した挙げ句、ELのグループステージ突破までのレポートって、どうなんだ(苦笑)。ELで失点が多いのは、GKを2番手のRiedererにしているからという噂もあります。それでも、たまに能力値以上に活躍するから出番を与えたい。貴重な古株ですしね。

リーグ戦は次回、一気に進めます。ELの決勝トーナメントも絡めながら。今度は、もっと早くにお届けできると思います。早く完結させたいですしね。

ただ、次に取り掛かるべき2013が芳しくない。何も書かず、何も残さずにHSVでプレーしていますが、あのアトラーでさえ、現実ではありえないようなプレーで失点します。バイエルン戦では、ノイアーが足元にボールを置いたままマゴマゴしているのをかっさらって、ゴールを決めました。なんなんすか、これ!(古っ)。世界最高峰のGKが、頻繁に超絶珍プレーを披露する。これは萎えます。もう暫くは“塩漬け”ですね・・・。

次回へ続く!!
スポンサーサイト

コメント

Re:【大幅加筆】ウンターハヒンク日記・12

ご無沙汰しております&ウンターハヒンク編更新お疲れ様です。

Riedererのように、能力などだけを考えれば変わりがいるけど、
出場機会を与えたい選手っていますよね~
成り上がりだと早い段階でチームに加入して1部昇格あたりまで主力選手だったが、
能力だけ考えるとすでにそれ以上の選手がゴロゴロしてたりとか。

個人的にはこの辺のジレンマが、1部優勝あたりで次のデータに移動するきっかになったりしますw


FM2013は・・・まあ、なれればきにならなくなりますよ・・・きっと
自陣ゴールから少し横にずれた位置でのFKをGKが蹴り、
そのボールが相手に直接わたりら無人のゴールへダイレクトで蹴り込まれたりとか、
明らかにゴールエリアをオーバーしながらキャッチして何事もなくゴールキックしたりとか・・・etc

GKのやらかしとしては、とっておきのが画像を保存しているのがあるので、
そのうちネタにしようかと思ってます、進行的にはだいぶ先ですがw


今後も無理のないペースでの更新、楽しみにしてます^^

Re:【大幅加筆】ウンターハヒンク日記・12

はじめまして。だいぶ前から拝見させていただいていましたが、初コメになります。こんな監督がいれば、ガム爺さんは喜んで後を任せて引退するでしょう(笑)

ところで評判のよくない2013ですが、パッチ自体はもう最終版なんでしょうか?
それから2012と2013を比べて、完全に見劣りするなら2012にしようかと思っていますがどう感じてらっしゃいますか?

長らくの放置、お詫び致します

>ryoku様

大変ご無沙汰しております。

下部からの成り上がりは、選手のやり繰りに四苦八苦する分、1人ひとりに愛着が湧きますよね。簡単には切れない。私はドライなタイプだと自認していますが、それでも考えてしまいます。ディビジョンが上がるにつれ、脱落者が出るのは仕方ないにせよ。

2013は、今になって始めましたが、最終パッチ後は「ありえない」レベルの失態が減ったように思います。初期バージョンはノイアーでさえ、とんでもない軽率なミスをしていたのにw

ryokuさんは、今も定期的に更新していて素晴らしいなと思います。最近、プレーどころか読むのも疎かになっていましたが、FM熱が再び上がってきたので、また宜しくお願い致します。

長らくの放置、お詫びします

>adachi様

初めてのコメントを頂いたにもかかわらず、筆者のモチベーションダウンから長らく放置していて申し訳ありません。心からお詫びします。

さて、今更ではありますが、2013は最終パッチを当てて「だいぶ良くなった」と思います。ただ、私のパソコンが4年以上前のボロだからか、よく落ちます。試合中に限らず、通常の進行中にも。2012より進化していると思いますし、13をオススメしますが、PCのパワー次第かもしれません。2014が10月31日に出ますし、そちらを待つ手も。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。