06 | 2017/07 | 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マインツから次なる大器 

今季の独1部を観ていて大器を予感させた“第一号”は、マインツのShawn Parkerだ。第14節のフランクフルト戦でプロ初先発を果たした19歳は、高いアジリティとスピードでマーカーを翻弄するとともに、最終ラインの裏を巧みに突く狡猾さも見せ、1得点1アシストと活躍。鮮烈な輝きを放ち、勝利の立役者となった。今季、セカンドチームからトップへと昇格させたTuchel監督も「彼は素晴らしいプレーをした」と賞賛。以降、スターティングイレブンに名を連ねている。同じくマインツの下部組織からドイツ代表へと飛躍したAndré Schürrleの姿を重ねたくなる逸材だ。

parker_20121205225902.jpg
フランクフルト戦で1得点1アシストと活躍し注目された

Parker-fm.jpg
「Football Manager 2013」のParker。身長は174cmとなっている。なお、トップチームでの背番号は31

Shawn Parkerは、1993年3月7日にドイツのヴィースバーデンで生まれた。父はアメリカ人でアメリカ国籍も持つ。身長は179cmと上背はないが、スピードと切れ味に優れ、ボールテクニックも水準以上の質を持つ。若さに似合わず、相手守備者との駆け引きも巧みだ。とても昨季までセカンドチームでプレーしていたとは思えない。

その昨季は、36試合8得点。試合数、そしてリーグのレベルの割に得点が少なく映るが、フランクフルト戦を見る限りではシュート技術が低いわけではなさそうだ。実際、アンダー世代のドイツ代表ではU-16で10試合5得点、U-17で11試合8得点、U-18では7試合4得点、U-19では13試合5得点、U-20では2試合2得点とゴールを量産している。経験を積み、連携が深まれば、トップリーグでも2桁得点を狙えるはずだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。