09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス戦の日本代表を採点する 

劣勢を耐え、カウンターで仕留める。まさに、イタリア式の勝ち方を見せた日本。ただ、もう少しボールを保持し、主導権を握って攻める時間帯をつくって欲しかった。激しいプレッシャーを怖がり、パスは横や後ろばかりで、受け手のパスを呼び込む動きも少ない。困って放り込んだボールも、ことごとくサコーにはね返される。

とかく、攻めは工夫に乏しかった。まず露呈したのは、香川のサイド適正のなさ。ドリブルで相手を押し下げられるわけでもなく、走力や守備力に欠けるため、対面するフランスの右SBドビュッシーに蹂躙された。香川の良さは、ボールの受け方と鋭いターン。それが生きるのは、ゴールに近い位置で両CBと駆け引きできるトップ下だ。中村を下げ、乾を入れて、香川をトップ下に移してからは、良い形が何度か生まれた。それだけに、もどかしい。

また、ハーフナーは何もできなかった。空中戦ではサコーに競り負け続け、地上では機動力に欠けて2列目の攻撃参加を促せず。運動量も少なく、覇気が窺えなかった・・・とは言い過ぎか。

その他、書きたいことは多々あれど、スペースが幾らあっても足りないため、このくらいで。明日の対戦相手であるブラジルは、フランスのように猛烈なプレスをかけてくるとは考えづらい。ある程度、ボールは持てる。それだけに、よりアグレッシヴで、能動的な仕掛けを見せて欲しい。勝敗よりも、そこを重視する。

以下、フランス戦の採点を。

rate-vsFrance.jpg
スポンサーサイト

コメント

Re: フランス戦の日本代表を採点する

やはり川島の活躍なくして、フランス戦の勝利はありえませんでしたね。
ビッグセーブを何度か見せてくれました。

長友は決勝点をお膳立て。
彼をMOMに選ぶ人も多かったですね。

残念だったのは、やはりハーフナー。
前田が離脱した今回の遠征はチャンスでしたが、逆に評価を落としてしまいましたね…。

ハーフナーは・・・

>どらぐら様

川島は、よく集中していましたし、身体も動いていました。細かいミスは多かったものの、それを補って余りあるシュートセーブがありました。ブラジル戦は、やや淡泊でしたが・・・。

長友の走力は、もはやワールドクラスですね。90分間、いつでも同じ速さをキープできるのは、彼ならではの特長でしょう。つまり、時間が経つにつれて良さが出てくる。心強い存在です。

ハーフナーは、もう少しオフ・ザ・ボールを磨かないと、全く良さを生かせません。高さと強さでも、あっさりと負けていましたし。チャンスだっただけに、本人は悔しいでしょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。