05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和の金細工、凱旋門賞の頂点を狙う 

筆者は現在、テレビの前で凱旋門賞のスタートを待っています。なんと地上波(フジテレビ系列)で生中継があります。フットボールでいえば、日本代表がW杯の決勝を戦うようなもの。さらに、欧州の馬以外は過去に勝っていないのです。それほどの難攻不落。まさに“夢舞台”です。競馬ゲームでは、それなりに努力すれば勝てるんですけどね(苦笑)。とにかく、競馬ファンでない方にも見守って欲しく、こんな時間にではありますが、ブログを更新しました。1人でも多くの方が、生中継を通じてオルフェーヴルとアヴェンティーノを応援してくれたら幸いです。なお、オルフェーヴルは一番人気に支持されています。また、アヴェンティーノはマラソンでいう「ペースメーカー」役として出走します。
スポンサーサイト

コメント

ぬわー!!!

惜しくもペリエにやられましたね。
抜群の末脚でぐんぐん伸びたオルフェーブルが先頭に立ったのを見計らって仕掛けられた感じがあばばば。
一見するとスミヨンの仕掛けが早かったように思えるけどもしかすると予想以上に伸びたのかもしれないですね。
いかにもオルフェーブルらしい良いレースでした。

惜しかった!!

>( ´∀`)ノ様

あれほどペリエに殺意が湧いた時はなかったw

あの余裕、抜け出した時の伸びを見ると、どれほど差を広げるのかと思ったんですが、気を抜いてしまいましたね。まだまだ精神的に子供なのかもしれません。

それも含めてオルフェーヴルですし、勝ちに等しい2着だとも思いますが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。