03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャルケ、共同墓地を設立 

独1部シャルケは、ファンやOBのための共同墓地を設立する。場所はホームスタジアムの「フェルティンス・アレーナ」の近くで、総数は1904墓を予定。10月を目処に完成させる。料金は、維持・管理費を含めて25年間で5406ユーロほどになるようだが、同クラブは「『死』をビジネスにするつもりはない」としており、裕福でないシャルケのファンのために無料で提供する計画もあるようだ。死してなお、クラブの傍らに―。そんな想いに応える取り組みだ。

Schalke_20120725220506.jpg


独1部では、HSVも墓地を手掛けている。他にも、例えばシャルケのライバルであるドルトムントは棺桶を販売している。一方で、生まれたばかりの赤ちゃんにグッズを無料で贈呈するクラブも少なくない。まさに「ゆりかごから墓場まで」。ファンを大切にする姿勢が、ドイツのクラブには徹底されている。

---------- キリトリ -----------

皆様から頂いたコメントへのレスが滞っていてすみません。明日、必ず。

いよいよ五輪が始まりますね。男女とも、まずは決勝トーナメント進出を果たして欲しい。まずは今夜、女子のカナダ戦ですよ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。