10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独ブンデスリーガ、動員力の秘密はチケットの安さ 

欧州のフットボールリーグで最も高い動員力を誇るのが独ブンデスリーガ。活況の理由の一つには、チケットの安さがある。例えば、英プレミアリーグやリーガ・エスパニョーラのチケット価格の平均は40ユーロを超えるが、ブンデスリーガのそれは22.75ユーロ。ほぼ半額だ。しかも、ブンデスリーガのチケット代にはスタジアムまでの公共交通機関の利用料金も含まれている。日本円にして2000円ちょっとで世界的に有名な選手達の試合を見に行けるとすれば、足繁くもなる。この気軽さが、多くのスタジアムを満員にするのだ。

ただ、フットボーラーの給料の高騰に伴い、今後はブンデスリーガにおいてもチケットの値上げは避けられそうにない。実際、新シーズンに向けて10クラブがシーズンチケットなど幾つかのカテゴリーの値上げを予定している。それにより、約100万ユーロの増収が見込めるという。

しかし、急進的な値上げは危険だ。度合いを間違えれば、サポーターは確実に離れる。例えばイングランドでは、大衆がスタジアムから遠ざけられ、金持ちばかりが集まるようになってしまった。この現象に対する批判の声は、シーズンを重ねるごとに高まってきている。

ブンデスリーガには、イングランドと同じ轍を踏まないよう、慎重な姿勢が求められそうだ。


独ブンデスリーガ18クラブのチケット代
クラブ名金額
バイエルン15~70
ホッフェンハイム12~55
シャルケ15.5~62
フランクフルト11~70
マインツ12.5~60
ブレーメン11~60
アウクスブルク13~43
ハノーファー14~52
レバークーゼン13.5~42
シュツットガルト14~72
ヴォルフスブルク12~70
HSV19~94
ニュルンベルク13~52
ボルシアMG14.5~44.5
ドルトムント未定
フライブルク未定
デュッセルドルフ未定
フュルト未定
※独「ビルト」より。金額はユーロ

上の表は、各クラブのチケット代。どのクラブも最も安い席は20ユーロ以下に抑えられている。フランクフルトやブレーメンは、たったの11ユーロだ。一方、最も高い席でも100ユーロは超えない。全体的に決して高いとは言えない。

面白いのは、HSVのチケットの高さ。最低でも19ユーロが必要で、上は94ユーロと100ユーロに近い。近年は不振が続いている上に、チケット代が高い。サポーターは多くの忍耐を強いられている。
スポンサーサイト

コメント

Re: 独ブンデスリーガ、動員力の秘密はチケットの安さ

チケットの安いので、スタジアムに足を運びやすくなってますよね。
その分、スタジアム内でしか使えないプリペイドカードがあるなど、スタジアムでお金を使わせる仕組みもうまくできてるなと思います。

しかし、それでもチケットの値上げは避けられそうにないのですね・・・。

日本と大差ないですよね

>どらぐら様

これほど値頃なら通いやすいですよね。ご指摘の通り、スタジアム内でしか使えないプリペイドカードも巧みな戦略。その分、お得になっているんですよね。

チケットの値上げについては、やはり選手の年俸の高騰。ただ、FFPの本格的なスタートで選手の年俸が抑えられるようになれば、やがて変わってくるかもしれません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。