06 | 2017/07 | 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州選手権に独1部と2部から47人がエントリー 

間近に迫った欧州選手権には、およそ368人のプロフットボーラーが登録される。そのうちブンデスリーガおよびツヴァイテリーガのクラブに所属しているのは47人(5月31日時点、ローン移籍中の選手を含む)。単純計算で約8人に1人がプレーしている格好だ。ドイツ代表では4人を除く19人――来季からアーセナルでプレーするポドルスキーを除いても18人――が、ポーランドとクロアチアは7人が、チェコは4人が、オランダとギリシャは3人が、ブンデスリーガーだ。スウェーデン、ウクライナ、デンマーク、フランスも、それぞれ1人ずつのブンデスリーガーを擁する。来季、UEFAのリーグランキングで4位から3位へ浮上するブンデスリーガ。欧州選手権でも、大きな存在感を放つ。

2,w=457.bild
ブンデスリーガでプレーし、欧州選手権の主役候補でもあるロッベン(写真左)、レバンドフスキ(写真中央)、リベリー


ポーランドは、ドルトムントのレバンドフスキ、ピシュチェク、クーバの3人をはじめ、ボエニシュ(ブレーメン)、マトゥシュク(デュッセルドルフ)、ポランスキ(マインツ)、ソビエク(ハノーファー)を選出。クロアチアは、マンジュキッチ(ヴォルフスブルク)、チョルルカ(レバークーゼン)、シルデンフェルト(フランクフルト)、ペリシッチ(ドルトムント)、イリチェヴィッチ(HSV)、プラニッチ、オリッチ(ともにバイエルン)をラインアップしている。

チェコには、カドレツ(レバークーゼン)、フブニク(ヘルタ・ベルリン)、イラチェク(ヴォルフスブルク)、ペクハルト(ニュルンベルク)が名を連ね、オランダはロッベン(バイエルン)、ブーラルーズ(シュツットガルト)、フンテラール(シャルケ)を抱える。

また、ギリシャにはパパドプーロス(シャルケ)、ソクラティス(ブレーメン)、フォルトゥニス(カイザースラウテルン)が、スウェーデンにはローゼンベリ(ブレーメン)が、ウクライナにはティモシュク(バイエルン)が、デンマークにはクヴィスト(シュツットガルト)が、フランスにはリベリー(バイエルン)がいる。

彼らの大半が主力としてプレーしているだけに、この中から大会を象徴する“主役”が現れるかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

Re: 欧州選手権に独1部と2部から47人がエントリー

私はこの中だとオランダ勢、特にフンテラールに期待していたんですが・・・活躍以前にスタメン入りも怪しい(T_T)
前世代の優秀なFWマカーイやVホーイドンクをウイングで起用(そして沈没)したオランダのメイ采配→内紛で崩壊の伝統が復活するんでしょうか、羨ましいけど妬ましくはならない選手層ですww
ともあれだんだん暑くなりますし体調を整えて連続観戦に備えようと思っています。管理人様もお体に気をつけて。

フンテラールは

>ペンギン様

フンテラールを1トップに、ファン・ペルシーをサイドに置く布陣は結果を出せていませんよね・・・。恐らく、ファン・ペルシーを1トップにする形で初戦に臨むのではないでしょうか。彼のような、いかにもストライカーというタイプがベンチというのは寂しいですが。

オランダといえば内紛ですが、W杯の準優勝を経て、まとまっているようには思います。あとは明らかにレベルの低い守備陣が足を引っ張らなければでしょうね。

いずれにしても、楽しみなチームです。

私の体調にお気遣い頂き、ありがとうございます。ペンギンさんも、お気をつけて下さいね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。