09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

第72回桜花賞


◎ジョワドヴィーヴル
○アイムユアーズ
▲オメガハートランド
×ヴィルシーナ
△サウンドオブハート






<データ的考察>

※サンスポより

※過去10年対象

・連対20頭中、芝マイル以上で未勝利だった馬は6頭いるが、全て馬場改修前。外回りが舞台となった07年以降の連対10頭にはいずれも芝マイル以上でV歴があり、うち9頭はオープンの同距離以上でV実績があった。

・キャリアは3~6戦が理想。連対16頭が該当する。優勝馬に限れば10頭中9頭が当てはまる。例外は地方競馬出身の02年1着アローキャリー(11戦)のみ。07年以降、1勝馬は3着もない。

・18頭が芝で連対率5割以上をクリアし、うち13頭が複勝率100%。安定感が重要となる。

・ローテーションでは、最多8連対のチューリップ賞を含め、前走が重賞だった馬が17連対。それ以外で連対したのは、阪神JF2着の実績があったアローキャリーと、それまで牝馬に先着を許していなかった09年2着レッドディザイア、11年1着マルセリーナ(ともにエルフィンS)。

・前走の着順は、20頭中18頭が該当する4着以内が理想。

結論→ジョワドヴィーヴルがトップ。クイーンCの覇者ヴィルシーナは全て芝マイル以上で4戦して複勝率100%かつ牝馬に先着を許していない。有力候補だ。アイムユアーズはマイル以上で未勝利だが、阪神JF2着の実績と【3210】の安定感が買い。


<調教的考察>

※サンスポ参照

S=ジョワドヴィーヴル

---------- キリトリ -----------

ジョワドヴィーヴルが2つ目のGⅠを手にする。前走のチューリップ賞は、あくまで叩き台。上がり3ハロンのタイムで1、2着馬に劣ったのは案外だったが、調教を見ても復調は明らかで、本番では女王としての威厳を示すはずだ。阪神JFの勝ち方は、姉にして歴史的女王ブエナビスタを超える可能性すら感じさせた。単勝が2倍台の中ごろと人気を落としているが、逆に買い頃。福永騎手のミスさえなければ、戴冠は間違いない。

対抗は、阪神JF2着、フィリーズレビュー1着と実績を重ねるアイムユアーズ。特に、前走は完勝だった。枠順も走りやすい位置で、好勝負できる。3番手は牝馬に負けていないヴィルシーナ。クイーンCでの上がり3ハロン33秒6は優秀で、2000メートルで勝っているのも奥深さを感じる。オークスまで視野に入れて狙いたい有力候補だ。

一発があるとすれば、オメガハートランドか。フラワーカップ組は見落とされがちだが、桜花賞での好走も多い。安定感には乏しいが、展開に紛れが出れば彼女の出番だろう。

あとは紅梅Sの内容が良かったサウンドオブハートを抑えておく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。