05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G大阪、新スタジアム建設費の個人寄付の受付開始 

J1・G大阪は2日、新スタジアムを建設するための個人から寄付の受付を開始した。同クラブの「建設募金団体」の理事らが同日、記者会見で発表した。同団体は、建設費の140億円のうち、15億円を個人からの寄付で集めるとしている。5万円以上の金額を寄付すると、名前入りのプレートがスタジアムに展示される。

同団体の理事を務める川淵三郎日本サッカー協会名誉会長は「日本を代表するスタジアムをつくろうとサポーターの一致団結がきっと見られる」と期待を寄せた。なお、寄付にはふるさと納税制度が適応され、一定の税金が控除される。募金は銀行など金融機関で振り込む形式で集めるが、今月下旬からはインターネット決済でも可能となる。

---------- キリトリ -----------

企業と個人の寄付による新スタジアムの建設計画が、着実に進行しています。ただ、個人の寄付で集めようとしている15億円という金額は決して少なくなく、例えば名前入りのプレートを展示してもらえる5万円以上の寄付者で換算すると、3万人が必要です。あれ、書いてみるとそれほど大きな数字ではない?!

いずれにしても、果たして何人で15億円に達するかは注目しています。15億円になった時点で打ち切るのでなければ、募金総額が幾らになるのか。ある意味で、「サポーター力」が問われる取り組ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。