07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒井宏樹、ドイツで争奪戦 

J1柏のDF酒井宏樹(21)に、独1部のクラブが熱視線を寄せている。独「ビルト」は26日、まず日本メディアの報道として、ドルトムントが酒井の獲得に乗り出しているという記事を掲載。「酒井と柏との契約は1年残っており、今夏の契約には100万ユーロがかかる」と、具体的な条件についても触れた。さらに同日、「ハノーファーのシュマツケSD(スポーツディレクター)が今週末にアジアを訪れるのは、酒井との交渉のためではないか」と報じ、その上で「ドルトムントではピシュチェクの控えだが、ハノーファーではより多くのプレー機会を得られ、右サイドバックのレギュラーを務めるチェルンドロに刺激を与えることもできる」と、交渉はハノーファーにアドバンテージがあると指摘している。過去にはブラジルの名門サントスからもオファーがあった酒井。クラブW杯やU-23代表での活躍から、国内外で注目度は急速に高まってきており、海外進出は遠くなさそうだ。

sakai.jpg

---------- キリトリ -----------

ドルトムントにはピシュチェクが不動の右サイドバックとして君臨し、控えにも元ドイツ代表のオボモエラを擁する。21歳という年齢は、まさに伸び盛りで、何よりも出場機会が大切となるだけに、移籍先としてはどうか。そういった意味では、若手の育成に熱心なクラブであり、かつ選手層の薄いハノーファーが最適かもしれない。
スポンサーサイト

コメント

Re: 酒井宏樹、ドイツで争奪戦

今年も欧州、特にドイツに渡る日本人選手は出てくるでしょうね。
その有力候補が清武やこの酒井でしょうか。
二人とも“ロンドン経由”で移籍ということになるのでしょうか。

大変、遅くなりました

>どらぐら様

ご無沙汰しております。放置していてすみません。

ドイツへの移籍は拍車がかかっていますね。日本人に向いているのと、外国人枠が実質的にないのが大きい。宇佐美もホッフェンハイムでリベンジに挑みますし、12-13シーズンも楽しみです。香川がいなくなったのは残念ですが・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。