09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主役はアルフレード 

第63回朝日杯フューチュリティS


◎アルフレード
○ダローネガ
▲サドンストーム
×レオアクティブ
△スノードン






<データ的考察>

※過去10年対象

・連対20頭中19頭が1400メートル以上の重賞に出走した経験がある。うち17頭はそこで3着以内の実績があった。重賞未経験で連対した唯一の例外は01年1着のアドマイヤドンだが、新馬→OP特別を連勝していた。

・20頭中16頭が前走で重賞を走っていた。内訳は京王杯2歳Sが7頭、東スポ杯2歳Sが4頭、デイリー杯2歳S、札幌2歳Sが各2頭、新潟2歳Sが1頭で、全ての馬が掲示板を確保していた。重賞でない場合は、特別戦での1着が理想。デイリー杯勝ちの実績があるものの、クラレントの前走13着は負けすぎか。

・デビュー戦で勝利を飾った馬が13連対と圧倒的に強く、5頭も2戦目で勝利を挙げていた。とはいえ、新馬V直後に好走した馬はおらず、15頭が該当するキャリア2~4戦がベスト。

・トリッキーな中山のマイルだけに器用さも求められ、連対17頭はそれまでに4角3番手以内から勝利経験があった。差す競馬しかしていなかったにも関わらず優勝したのは、ドリームジャーニーのみ。

結論→ダローネガがトップで、サドンストームとマコトリヴァーサルが続く。あとはレオアクティブまで。


<調教的考察>

S=アルフレード

---------- キリトリ -----------

「自信がない」と言った阪神JFを的中し、しかも予想以上の高配当に恵まれた。これで今秋に予想したGⅠはマイルCS以外の全てを的中できている。残り2戦を落とさないようにし、最高の正月を迎えたい。

本命は、2戦以上のキャリアを持つ馬の中で唯一の無敗にしてサンスポの調教評価でSが付いたアルフレード。中山のマイルで勝っているのも強みだ。ウィリアムズ騎手の技術と勝負強さにも期待できる。

対抗以下は、重賞での好走歴や過去の内容、安定感で決めたに過ぎない。生のデータ――単純な戦績でなく、どういうレースでどういう走りをしたかなど――が少な過ぎるためだ。

馬券の買い方は、アルフレードからの馬連と印を打った馬のBOXで。はっきり言って全く自信がないため、有馬記念の軍資金を減らさないよう、最低限の購入で済ませる。

ちなみにタイトルは、アルフレードが「椿姫」の主人公の恋人の名であるため、それっぽくしました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。