10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィッセル神戸の画期的なシーズンシート販売方法 

シーズンシート(シーズンチケット)の拡販に向け、ヴィッセル神戸が画期的な販売方法を始めた。12月31日(郵送は12月30日必着)までに申し込むと、全員に「2012年の一番遠いアウェイゲームへご招待!」、「選手からハッピーバスデーのビデオ(DVD)レターがもらえる権利」、「選手ウォーミングアップ時にボール拾いを体験できる権利」、「試合前に始球式ができる権利」、「育成センター『三木谷ハウス』で食事ができる権利」、「モーヴィがあなたのご自宅を訪問する権利」など50種類の特典が当たる。シーズンシートに、これだけの特典が付くのは珍しい。シーズンチケットの売上げの多寡は、クラブの予算規模に直結するだけに、多彩な特典を揃え、一枚でも多く販売したい考えだ。

poster.jpg

詳細は、公式ウェブサイトまで。

---------- キリトリ -----------

各クラブはシーズンチケットの購入者に様々な特典を付けていますが、これほどのバリエーションは他にないでしょう。見習うべき、素晴らしい販売方法だと思います。大幅には増えないかもしれません。しかし、少なからず好影響はあるはずです。フロントが売上げを増やそうと努力している姿勢は、サポーターに伝わりますから。
スポンサーサイト

コメント

Re: ヴィッセル神戸の画期的なシーズンシート販売方法

ヴィッセルは、ご近所に阪神タイガースという地元で圧倒的な人気を誇るプロ野球チームがありますからね。
さらに、最近はなでしこリーグのINACも台頭してきています。
今回の画期的なシーズンシートの販売方法は、危機感のあらわれなのでしょうね。

対野球、対なでしこ

>どらぐら様

神戸の動員力の弱さは、大きな課題でしょうからね。アウェイの試合だと、本当にサポーターが少ない。その底上げに向け、まずホームの動員力を高める施策というのは大事だと思いますし、良いアイディアだなと感心しました。

これでどれだけ昨年に比べて売れたのか、ぜひ発表して欲しいです。

それにしても・・・私は関東の人間なので知識としてしか分かりませんが、愛知県における中日ドラゴンズ、近畿における阪神タイガースというのは、フットボールにとって強大過ぎるライバルなのでしょうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。