07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上7頭目の三冠馬へ 

第72回菊花賞


◎オルフェーヴル
○ウインバリアシオン
▲ユニバーサルバンク
×フレールジャック
△トーセンラー






<データ的考察>

○サンスポ編

※過去10年対象

・連対20頭中、17頭に芝2000メートル以上で勝利があった。例外の07年1着アサクサキングスはGⅢきさらぎ賞勝ち馬、08年2着フローテーションはGⅡスプリングS2着馬と、1800メートルの重賞で連対があった。残る1頭、09年1着スリーロールスは菊花賞までの連対(3勝2着1回)が全て1800メートル。

・連対20頭中、19頭が重賞に出走経験があった(例外は2勝馬の01年2着マイネルデスポット)。その中で14頭に3着以内があり、特に05年以降では連対12頭中11頭に重賞3着以内がある(例外はスリーロールス)。以前は上がり馬の台頭が目立ったが、近年は実績馬の活躍が顕著。

・連対20頭中、12頭の前走が神戸新聞杯だった。そのうち掲示板を外していたのは02年1着ヒシミラクル(6着)、08年2着フローテーション(12着)の2頭。基本的には神戸新聞杯5着以内馬が有力だ。セントライト記念は3頭で、1着は01年マンハッタンカフェ以来なし。前走が1000万下特別は3頭いるが、これも05年以降ではスリーロールスのみ。

・連対20頭中、18頭を占める関西馬が有利。関東馬は07年に1番人気のロックドゥカンプでさえ3着に敗れており、厳しい。

・皐月賞&ダービーの2冠馬の出走は過去10年で3頭。03年ネオユニヴァース3着、05年ディープインパクト1着、06年メイショウサムソン4着で、秋初戦を勝っていたのはディープのみ。オルフェーヴルに不安材料はない。

結論→オルフェーヴルは減点材料がなく、3冠達成が有力。ダービーと神戸新聞杯で2着のウインバリアシオンが続く。過去5年で3頭優勝している神戸新聞杯3着のフレールジャックにも警戒が必要。


○競馬総合チャンネル編 ※井崎脩五郎氏の予想を参照

※過去10年対象

・前走馬番が1-3番「以外」だった、前非重賞組は0-0-0-31

該当馬→ルイーザシアター、スーサングレート、シゲルジチョウ、ゴットマスタング、ロッカヴェラーノ、ハーバーコマンド、サンビーム

・前走、セントライト記念で5着以下だった馬は0-0-0-11

該当馬→ユニバーサルバンク

・前走、神戸新聞杯で4角を10番手以内で通過して6着以下だった馬は0-0-2-22

該当馬→ダノンミル

・前走2400メートル以上戦出走馬を除く、前走馬体重500キロ以上馬は0-0-3-17

該当馬→フェイトフルウォー、シゲルリジチョウ、ベルシャザール、サダムパテック、サンビーム

結論→トーセンラー、ウインバリアシオン、オルフェーヴル、ダノンマックイン、フレールジャック、ショウナンマイティ

ちなみに、井崎氏は秋華賞を当てています。


<調教的考察>

※サンスポ参照

S=オルフェーヴル

---------- キリトリ -----------

秋華賞は印を打った馬が1-3着を占め、秋競馬で上々のスタートを切ることができた。今週は史上7頭目の三冠馬の達成を、馬券的中とともに祝いたい。

そう、オルフェーヴルに死角は見当たらない。神戸新聞杯の内容、調教から、夏を越えてさらに成長したのが窺える。彼を脅かす存在もなく、よほど下手に乗らない限りは――それが一番の不安材料だが――完勝で歴史に名を刻むだろう。

相手は、ダービー、神戸新聞杯とオルフェーヴルの後塵を拝してきたウインバリアシオン、きさらぎ賞でオルフェーヴルを下している上に京都で3戦2勝3着1回のトーセンラー、神戸新聞杯3着で京都は2戦2勝のフレールジャック、そして京都では4戦1勝2着3回のユニバーサルバンクまで。

馬券の配当を楽しむよりも、見て楽しむレースだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。