03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FM2011とFM2012の選手評価の変動 

「Football Manager 2011」と「Football Manager 2012」(デモ版)で選手の評価がどう変わっているのか。ふと気になったので調べてみます。

<比較方法>

・「FM2011」は10.3版で、選択国は「スペイン」のみ、データサイズは「小」

・「FM2012」はデモ版で、クイックロードの選択国は「スペイン」

・選手検索で出てくるベスト20の顔ぶれの違い、また能力値の違いを調べる



まず、FM2011のベスト20は以下の通りです。

fm2011-20made.jpg

続いて、FM2012のベスト20は以下の通りです。

fm2012-20made.jpg

トーレスは両作で1位、メッシが2位から3位に落ち、キャロルも3位から8位にダウン、C・ロナウドは4位で変わらず、ジェコは5位から12位に、ヤヤ・トゥレは6位から圏外へ、セスクは7位から6位に上がり、ビジャは8位から14位にダウン、ミルナーは9位から圏外へ、シャビは10位から17位に下がりました。

10位以下は、イニエスタが11位から5位にアップ、ダビド・シルバは12位から圏外へ、バロテッリは13位から圏外へ、ルーニーは14位から9位へ上がり、エッシェンは15位から圏外へ、スアレスは16位から圏外へ、カシージャスは17位から11位へアップ、スナイデルも18位から10位に上がり、ロッベンも19位から7位へ、イグアインは20位から圏外となりました。

比較条件が違うため、若干のズレは出るかもしれませんが、それでもかなり変動しています。特に、マンチェスター・シティ勢は総じて下方修正されており、例えばヤヤ・トゥレの評価額は5.6Bから2.05Bに引き下げられました。

さて、評価額が大幅に見直されているのは分かりましたが、選手の能力値も修正されているのでしょうか。

さすがに20人の全てを比較するのは大変なので、「前作と順位が同じ、あるいは上昇している選手」に限り、比べてみます。

1人目は、今作も前作も評価額がトップのトーレス。

Torres-2011.jpg



Torres-2012.jpg

大きな修正はありませんが、「Off The Ball」が5下がるなど、幾つかの能力が下げられています。チェルシーでの不振が表現されていますね。

2人目は1ランクアップのセスク。

Cesc-2011.jpg



Cesc-2012.jpg

ほとんど一緒ですが、「Coners」、「Agility」、「Natural Fitness」が1ずつ減っています。

3人目は、6ランクの大幅アップとなったイニエスタ。

Iniesta-2011.jpg



Iniesta-2012.jpg

「Finishing」が2増え、「Tackling」が1減り、「Bravery」が3増え、「Concentration」が1増え、「Teamwork」が1増え、「Balance」が2増え、「Natural Fitness」が2増え、「Stamina」が1増え、「Strength」が1増えています。元々、高い能力を持っていましたが、細部が強化されていますね。

4人目は、ルーニーです。5ランクアップしています。

Rooney-2011.jpg



Rooney-2012.jpg

さすが、現実世界では「王」の風格が出てきた赤い悪魔の象徴。能力の減少はなく、テクニック、メンタル、フィジカルの全てが伸びています。

残るカシージャス、スナイデル、ロッベンは、どうでしょうか。

Casillas-2011.jpg



Casillas-2012.jpg

カシージャスは、「One On One」の弱体化(2ポイントダウン)が気になりますが、メンタルやフィジカルは上昇しています。なぜか、「Penalty Taking」も増えています。

Sneijder-2011.jpg



Sneijder-2012.jpg

スナイデルは、一部の能力は上がっているものの、全体的には下がっています。

Robben-2011.jpg



Robben-2012.jpg

ロッベンは、テクニックが上がり、メンタルが下がりました。

こうして見ると、劇的な変化はありませんが、評価は細かく改められています。日本人選手の比較も面白いかもしれませんが、それはまた別の機会に。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。