04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成】欧州CL、グループステージ組み分けが決定 

8月25日、欧州CLのグループステージの抽選会が行われた。前回優勝のバルセロナはグループHで伊王者ミランと同居。前回準優勝のマンチェスター・ユナイテッドは昨季ポルトガルリーグ2位のベンフィカらと同じグループCに入った。決勝の舞台となるフスバル・アレナ・ミュンヘンを本拠とするバイエルンは、リーガ・エスパニョーラの強豪・ビジャレアル、世界一の金満クラブ・マンチェスター・シティ、セリエAで躍進するナポリと戦うグループA。いわゆる“死の組”に入った。また、グループBではインテルの長友とCSKAの本田、グループFではアーセナルの宮市とドルトムントの香川が、それぞれ日本人同士で火花を散らす可能性がある。

グループステージの各節は、9月13/14日、9月27/28日、10月18/19日、11月1/2日、11月22/23日、および12月6/7日に行われる。各グループ上位2チームが来春から始まる決勝トーナメントに進出。一方、3位チームはUEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦に回る。

CL.jpg


全てのチームに決勝トーナメント進出の可能性があるグループAは、CLでの経験値と是が非でもホームでの決勝に辿り着きたいバイエルンが1枠を埋めそうだ。残り1枠は、今夏もアグエロとナスリらワールドクラスを補強し、英プレミアリーグでも好スタートを切っているマンチェスター・シティか。

グループBは、インテルの優位は揺るがない。監督交代、主力の放出などで再建中の印象は強いが、戦力値で抜けている。もう1枠は、成熟度の増したCSKAと中心選手の移籍のダメージを最小限に抑えたリールの争いになりそうだが、場数が物を言うCLでは前者が上回りそう。

グループCは、若手の成長が著しいバーゼルに注目だが、2位までに入れるかは微妙。ただ、ベンフィカは脆さを抱えているため、チャンスはある。マンチェスター・ユナイテッドは、首位通過で間違いない。

グループDは、レアル・マドリーとリヨンの“仲良しコンビ”が再結成。レアル・マドリーの1位は確実だが、年々力を落としているリヨンは危ない。ヤングタレントの成長に支えられたアヤックスが、虎視眈々とベスト16を狙っている。

グループEは“三つ巴”。タレントの数ではチェルシーがややリードしているが、ベストメンバーの質ではバレンシアやレバークーゼンも劣っていない。コンディションや怪我人が勝敗を分けそうだ。

グループFは、4チームいずれもホームで強く、混戦模様。アーセナルは、リーグ戦でマンチェスター・ユナイテッドに歴史的な大敗を喫し、ベンゲル監督の進退が問われるなど、かつてないほどムードが悪い。間もなく閉まる移籍市場での補強が上手くいかなければ、グループステージ敗退もありえる。会長を追い出し、絶対的な権力を握って理想的な環境を手に入れたデシャン監督のマルセイユ、伸びしろ十分の選手達が揃うドルトムントが首位争いをリードしそうだ。とはいえ、ホームで滅法強いオリンピアコスも侮れない。

グループGは、「ヨーロッパリーグのよう」と揶揄されているが、それゆえに面白い。前回、ブラジリアンパワーで快進撃を披露したシャフタールを軸に、CSKAと同等以上の実力を持つゼニト、ヨーロッパリーグ王者のポルトが火花を散らす。ポルトは指揮官とファルカオを失ったが、他の主力はキープできており、2位以上は射程圏内だ。

グループHは、世界最強のバルセロナにミランがどこまで肉薄できるか。明確な2強2弱なだけに、見所はそれに尽きる。
スポンサーサイト

コメント

Re: 欧州CL、グループステージ組み分けが決定

お久しぶりです。


いや~、グループAは死のグループですねww

けど自分はマドリスタなのでグループDも気になりますが…。

Aは典型的な死の組

>ジャック様

お久しぶりです!

グループAは典型的な死の組ですよね。それでも、経験豊富なバイエルンとタレント豊富なシティが抜けると思いますが・・・他のクラブにも当然、チャンスはありそうです。

Dは、マドリーにとってお馴染みのリヨンやアヤックスがいますね。アヤックスは上り調子ですが、リヨンは世代交代の真っ只中ですし、余裕で1位通過できるのではないでしょうか。

Re: 【完成】欧州CL、グループステージ組み分けが決定

アーセナルはどうなるか、本当にわからなくなりましたね。
史上最悪と言っても過言ではない危機ですが、ヴェンゲルがどこまで修正してくるか。
ドルトムントはバリオスが怪我から復帰してから、本来の調子を取り戻すのでしょうか。
マルセイユはよくわかりません(苦笑)
この3クラブがオリンピアコス相手にどういう成績を収めるかで、グループFの結果は変わってくるでしょうね。

宇佐美や宮市も、1試合ぐらいは出場して欲しいですね^^;

大変遅くなりました

>どらぐら様

アーセナルは、土壇場でかなり補強しましたが、付け焼刃感がありますし、どこまで立て直せるでしょうか。私は、かなり怪しいと踏んでますが、さて。

ドルトムントは、バリオスがもう少しで戻ってきますが、怪我でなく長年連れ添った彼女と別れてメンタルがどうか。もっとも、本人の浮気が原因なので、それほどでもないかもしれません(おい

マルセイユは、たまにリーグ・アンの試合を観ますが、どうにもデシャンらしくないというか、ムラのある戦いぶりです。実力的にはドルトムントやアーセナルに劣ると思います。

オリンピアコスも、ホームでは強くても、アウェイではどうか。草刈場になりそうな気もします。

宇佐美や宮市は、チームが早々に決勝トーナメント進出を決めてくれれば・・・でしょうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。