07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告知】日本対南米、カップ戦王者の戦い 

Jリーグ・ヤマザキナビスコカップ王者のジュビロ磐田と南米コパ・スダメリカーナ覇者のインデペンディエンテ(アルゼンチン)が今日(3日)、静岡県のエコパスタジアムで対戦する。今年で4回目を迎える「スルガ銀行チャンピオンシップ」で、勝者には賞金3000万円、敗者にも賞金1000万円が与えられる。昨年はFC東京とLDUキト(エクアドル)が戦い、2-2からのPK戦を4-3で制したFC東京が、日本勢で初優勝を飾った。日本の連覇か、南米のリベンジか。キックオフは19時、「BS12(トゥエルビ)」で生中継を予定している。

wp_1024_convert_20110803103056.jpg

※以下、インデペンディエンテの監督および選手を簡単に紹介。





<監督>

Antonio Mohamed

Mohamed.jpg

1970年4月2日生まれ。ブエノスアイレス出身。現役時代のポジションはFW。ウラカン(88-91)やボカ(91-92)、インディペンディエンテ(92-93)でプレーし、その後はメキシコで03年まで活躍した。代表では、89年のワールドユース、91年のコパ・アメリカでプレーしている。

指導者は03年から。現役最後に所属したClib Zacatepecで始めた。翌年はMorelia、さらに翌年にはQueretaro FC、そして05-06シーズンはアルゼンチンのウラカンで監督を務める。その後もメキシコとアルゼンチンを行き来し、2010年シーズンからインディペンディエンテを率いている。

「メキシコのスタイルを取り入れながらアルゼンチンサッカーの特有の個人技、それからアグレッシブなサッカーを上手くメキシコ的なサッカーにミックスさせ、その2つが上手く融合したサッカーを実現したい」というのが考え方のようだ。


<選手>


GK 1 イラリオ・ベルナルド・ナバロ HILARIO BERNARDO NAVARRO
1980.11.14 192cm アルゼンチン

昨季22試合出場のの守護神だが、ガッバリーニも12試合に出ている。

GK 12 アドリアン・ホセ・ガッバリーニ ADRIAN JOSE GABBARINI
1985.10.10 182cm アルゼンチン

守護神の座を脅かす。

GK 21 ワルテル・ファビアン・アスマン WALTER FABIAN ASSMANN
1986.03.23 188cm アルゼンチン

DF 6 エドゥアルド・ニコラス・トゥッシオ EDUARDO NICOLAS TUZZIO
1974.07.31 183cm アルゼンチン

代表キャップ2のベテランDF。昨季は27試合1得点。

DF 3 マキシミリアノ・ニコラス・ベラスケス MAXIMILIANO NICOLAS VELAZQUEZ
1980.09.12 176cm アルゼンチン

左サイドバックで、正確なクロスが武器。コーナーキックも蹴る?

DF 13 ホセ・イバン・ベレス JOSE IVAN VELEZ
1984.08.16 173cm コロンビア

昨季は15試合に出場した右サイドバック。コロンビア代表キャップがある。3?

DF 28 ガブリエル・グスタボ・バジェス GABRIEL GUSTAVO VALLES
1986.05.31 169cm アルゼンチン

昨季は12試合に出場した右サイドバック。小柄ながらクロスとドリブルが得意。

DF 23 アドリアン・アルガチャ ADRIAN ARGACHA
1986.12.21 179cm ウルグアイ

新加入。ドリブルとクロスがそれなりの左サイドバック。恐らくは控え。

DF 26 イグナシオ・ミゲル・バルシア IGNACIO MIGUEL BARCIA
1989.06.15 180cm アルゼンチン

昨季は4試合に出場。左利きのセンターバック。

DF 33 クリスティアン・ハビエル・バエス CRISTHIAN JAVIER BAEZ
1990.04.09 180cm パラグアイ

新加入。センターバックのようだ。

DF 2 フリアン・アルベルト・ベラスケス JULIAN ALBERTO VELAZQUEZ
1990.10.23 181cm アルゼンチン

昨季は25試合に出場した期待の若手センターバック。

MF 7 クリスティアン・アルベルト・ペジェラノ CRISTIAN ALBERTO PELLERANO
1982.02.01 182cm アルゼンチン

昨季は24試合1得点。アルゼンチン人らしい「5番」。

MF 5 ロベルト・ミゲル・バッティオン ROBERTO MIGUEL BATTION
1982.03.01 188cm アルゼンチン

昨季は21試合2得点。彼もアルゼンチン人らしい「5番」タイプ。

MF 11 オスマル・ダニエル・フェレイラ OSMAR DANIEL FERREIRA
1983.01.09 176cm アルゼンチン

新加入。左利きのサイドアタッカーで、キック精度に定評がある。好選手だ。

MF 16 ニコラス・アレハンドロ・カブレラ NICOLAS ALEJANDRO CABRERA
1984.06.06 174cm アルゼンチン

昨季は20試合2得点。クロスが得意な右サイドのプレイヤー。オフザボールも巧み。

MF 8 エルナン・ガブリエル・フレデス HERNAN GABRIEL FREDES
1987.03.27 172cm アルゼンチン

昨季は0試合出場。ユース世代での代表経験があるテクニシャン。

MF 18 ヒノ・アグスティン・クララ GINO AGUSTIN CLARA
1988.05.26 170cm アルゼンチン

新加入。俊足のドリブラー。2010年はコロコロでプレーし、その後はフリーだったようだ。

MF 35 ニコラス・デルモンテ NICOLAS DEL MONTE
1989.05.10 178cm アルゼンチン

リザーブチームから昇格。

MF 15 フェルナンド・ガブリエル・ゴドイ FERNANDO GABRIEL GODOY
1990.05.01 172cm アルゼンチン

昨季は15試合出場。セントラルMFタイプ。

MF 22 ホルヘ・イバン・ペレス JORGE IVAN PEREZ
1990.05.23 175cm アルゼンチン

昨季は8試合1得点。左利きでドリブルとクロスが得意。フィニッシュにも絡む。

FW 9 レオネル・ホルヘ・ヌニェス LEONEL JORGE NUÑEZ
1984.10.13 183cm アルゼンチン

昨季は0試合。FMでは、かなり能力が高い。キック精度が高く、フィニッシュも上手そう。

このメンバーは、JFAの公式発表に準拠しているが、どうやら一部が異なる模様。詳細は放送内でチェックして欲しい。
スポンサーサイト

コメント

Re: 【告知】日本対南米、カップ戦王者の戦い

試合は磐田がPK戦を制しましたね。
日曜日に対戦するグランパスのサポとしては、日程的なアドバンテージを活かしたいところですが、G大阪に負けた後の優勝ということで、その勢いは警戒しなければなりませんね。

インデペンディエンテには、日本人でも知っているような選手はいませんね。
“アルゼンチンマニア”にはわかるかもしれませんが(苦笑)
それでも地球の裏側からやって来て、さらに地震の恐怖を味わいながらも、よくやった方ではないでしょうか。

大変遅くなりました

>どらぐら様

今更ですみません。そして、これだけ扱っておきながら試合中に寝てしまった大馬鹿者です。
(;つД`)

磐田は今季、エネルギッシュでスキルもあって良いチームですが、それを寄せ付けなかった名古屋の強さには脱帽です。本当に羨ましいです。

インデペンディエンテの選手達は、公式ウェブサイトを見る限り、どこか緩い雰囲気でしたし、こんなものかもしれませんね。それでも、この時期に日本に来てくれて、きちんと戦ってくれたことには敬意を払います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。