10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大津祐樹、大どんでん返しでボルシアMGへ移籍 

大どんでん返し――。J1柏のFW大津祐樹(21)のボルシアMG移籍が決まった。一時は契約交渉の不調で双方が決裂を認めていたが、ボルシアMG側が翻意。急転直下でまとまった。すでにボルシアMG、柏レイソルともに公式ウェブサイトで移籍を発表しており、契約期間は3年。独キッカーによれば、違約金は30万ユーロから50万ユーロと推定されている。

ボルシアMGのエベールSDは「彼が練習や親善試合で見せたパフォーマンスには良い印象を受けた。移籍交渉が上手くいって嬉しいよ」とコメント。「良い選手だが、今いる選手よりも優れていると100%断言できない」と語り、獲得に慎重な姿勢を見せていたファブレ監督も“変心”し、「学ぶべきことは沢山あるが、これまでブンデスリーガにやってきた日本人達と同様、テクニックや戦術理解度は非常に高い」と期待を寄せた。

また、大津は柏レイソルの公式ウェブサイトを通じて「このたびボルシアMGに移籍することになりました。お世話になったクラブ関係者、スタッフの皆さんのおかげと、本当に感謝しています。4年間柏レイソルでプレーをしてきたことで、自分自身も大きく成長することができました。ドイツに行ってさらに飛躍できるよう、頑張ってきます。もちろんいつまでもレイソルのことは応援し続けます。ファン・サポーターの皆さん、今まで応援ありがとうございました。これからも応援してください」と語った。

なお、チームへの合流は来週の火曜日になる見通しだ。

MG---Aberdeen-Otsu-0_c1eb629fe8.jpg


---------- キリトリ -----------

4日の練習参加および親善試合への出場で、自らの価値を示した大津。一方で、資金難で満足のいく補強ができていないボルシアMGからは「値ごろな選手を獲って、当面を凌ごう」という思惑が透けて見えるのだが、そうした“大人の事情”を霧散させるような眩い輝きを放って欲しい。
スポンサーサイト

コメント

Re: 大津祐樹、大どんでん返しでボルシアMGへ移籍

移籍と思ったら残留、残留と思ったら移籍ですか。
監督の評価がイマイチなのが気になりますが、何にせよ移籍が決まったのですから、新天地での活躍を祈るのみです。

よく分かりませんが

>どらぐら様

あるメディアは「ファブレ監督が経営陣にプッシュした」と書いていて、公式サイトでのコメントは「ブラフ」だったんでしょうか。よく分からない移籍劇ですが、柏の選手達の中では大津に対する評価が凄いらしいですし、活躍を信じましょう。私は、十分に通用すると思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。