09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルチョ・スキャンダル再び 

カルチョ・スキャンダル再び―。イタリアの捜査当局は先頃、今季のセリエA~Cの18試合に八百長の可能性があるとして、元イタリア代表FWジュゼッペ・シニョーリ(43)氏や現役選手を含む16人を逮捕した。シニョーリ氏は、八百長を主導する賭博グループの主要メンバーだったと見られている。さらに、ローマのイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシやアタランタの元イタリア代表MFクリスティアーノ・ドニら数名の現役選手からも事情聴取が行われた。来季のセリエA昇格が決まっているアタランタとシエナの試合にも不正の疑いがあり、事実であった場合には取り消されるのは間違いない。2006年のカルチョ・スキャンダル以上の大問題が、イタリアを揺るがしている。

beppe_signori_questura_bologna_ansa.jpg

クリスティアーノ・ドニの代理人は「彼は規則というものに対して、常に敬意を払って行動してきた人間だ。彼は警察が自分の無実を証明してくれることを確信している」とコメント。潔白を主張した。

アタランタのステファノ・コランツォーノ監督も「馬鹿げた話だ。疑惑の試合とやらを実際に見てみればいいだろう。何もおかしい所はないはずだ。それとも、アタランタとシエナのシーズンそのものが狂言だったとでも言うつもりか?そんな声は、なんの根拠もないものだ」と関与を強く否定する。

シエナのSDを務めるジョルジョ・ペリネッティ氏も「カルチョ・スキャンダルの時も我々は疑惑を持たれたが、結果的には何も関係なかった。だから、今回も冷静でいなければならない。我々は正しい道を歩んでいる。そんなことをするはずがない」としている。

いずれも無実を訴えているが、06年には多くの関係者やクラブが有罪とされ処罰を受けただけに、ただで済むとは思えない。捜査の進展が急がれる。

---------- キリトリ -----------

カルチョからフットボールの世界に足を踏み入れた人間としては、断腸の思いです。06年の経験が何も生かされていない。今度こそ膿を出し切れるのでしょうか。正直、期待できそうにありません。
スポンサーサイト

コメント

Re: カルチョ・スキャンダル再び

シニョーリって、欧州サッカーファン歴の浅い私でも名前ぐらいは知っている人なので、ちょっとショックです。
今度こそ膿を出し切って欲しいところですが、果たして・・・。

かなりの騒動に

>どらぐら様

シニョーリは、セリエAで3度得点王になっているレジェンドですし、驚きました。本人は無罪を主張していますが・・・。

いずれにせよ、実態がきちんと明らかになるよう祈るばかりです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。