04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英プレミアリーグ、今季のテレビ放映権料は約1560億円 

英プレミアリーグの今季のテレビ放映権料が、過去最高の13億ポンド(約1560億円)となった。優勝したクラブは5700万ポンド(約74億1000万円)を、最下位のクラブでも3700万ポンド(約48億1000万円)を手にする。英プレミアリーグは、全世界のテレビ局と10-11シーズンから新たに3年契約を締結。1年間に支払われる金額は、07-08から09-10シーズンにかけての6億2500万ポンドから倍増となった。

英紙「ザ・サン」によれば、英プレミアリーグのテレビ放映権料は独ブンデスリーガの10倍、伊セリエAの5倍、リーガ・エスパニョーラの3倍にものぼる。英プレミアリーグの金満ぶりが、改めて浮き彫りとなった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。