09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芦毛の女王は、もう1人輝く 

第71回桜花賞


◎ホエールキャプチャ
○トレンドハンター
▲ダンスファンタジア
×ライステラス
△マルセリーナ





<データ的考察>


○サンスポ編

※過去10年対象

・勝利数の理想は3勝以上。連対馬20頭中、1勝馬は03年2着シーイズトウショウ、04年2着アズマサンダースの2頭のみ。馬場改装後の07年からは3着にも入っておらず、2勝が最低ライン。07年以降は毎年3勝以上の馬が連対しており、中心は3勝以上。

・キャリアは16頭が3~6戦で、この範囲が理想。また、17頭が連対率5割以上だった。

・ステップではチューリップ賞組が9連対と強力だが、今年は圧勝したレーヴディソールが不在。続く4連対のフラワーCも日程変更で中1週になっており、ステップが絞りづらい。

・勝ち鞍が1400メートルまでだった馬は6頭が連対しているものの、全て06年以前。07年以降の8頭中7頭はマイル以上のオープン勝ちがあり、高いレベルでの距離実績が求められる。

結論→トレンドハンターが筆頭で、フレンチカクタス、ホエールキャプチャ、マルセリーナ、ダンスファンタジアまで。


○1年遅れのバカ当たり編 ※競馬総合ch内、井崎脩五郎氏のコラムより

※阪神過去4年対象

・1枠~3枠に入った馬は0-0-1-23

該当馬→フォーエバーマーク、デルマドゥルガー、カフェヒミコ、ダンスファンタジア、マルモセーラ、バブルバブル

・前走5番人気以下馬は0-1-1-31

該当馬→カフェヒミコ、マルモセーラ、エーシンハーバー、ラテアート、スポードリッパー、サクラベル、ウッドシップ、メデタシ、トレンドハンター、マイネショコラーデ

・フィリーズレビュー連対馬は0-0-0-8

該当馬→スピードリッパー、フレンチカクタス

・前走で1200メートルに出走していた馬は0-0-0-7

該当馬→ウッドシップ

結論→マルセリーナ、ライステラス、ホエールキャプチャ


<調教的考察>

※サンスポより

S=メデタシ、ホエールキャプチャ

---------- キリトリ -----------

桜花賞は、過去のデータが通用しやすいGⅠだ。例えば、フィリーズレビュー組はことごとく不振で、内枠の苦戦ぶりも明らか。この2つのデータは信頼度が高いと見て、フィリーズレビュー組を外し、外枠の有力馬に厚い印を打った。

本命にしたホエールキャプチャは、大物感こそないものの、能力をきっちりと発揮できるタイプ。阪神JF2着、クイーンC1着などレース実績は十分で、鞍上が牝馬に強い池添というのも心強い。調教も抜群だった。

対抗はトレンドハンター。前走は、久々しかも初芝という厳しい条件ながら、鋭く伸びて完勝した。中1週というマイナス要因も克服してくれるはずだ。

穴は、真面目に走れば間違いなく強いダンスファンタジア。あてにならないが、一発があるとすれば彼女以外にない。

3番手はチューリップ賞2着のライステラス、あとはエルフィンSでの伸び脚が目立ったマルセリーナまで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。