03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC東京、豪州代表DFを獲得 

J2・FC東京は2日、オーストラリア1部ウェリントン・フェニックスから、同国代表DFジェイド・ノース(29)を獲得したと発表した。背番号は36。181cmと上背はあまりないが、1対1に強く、足元の技術やスピードも標準以上。センターバック、サイドバック、中盤をこなすなどユーティリティー性も高い。ディフェンスラインからのビルドアップを重視するFC東京にとって、良い補強となりそうだ。

03917.jpg


Jade North(ジェイド・ノース)

1982年1月7日生まれ、29歳。オーストラリア国籍。アボリジニの血を引く。

ポジションはセンターバックおよびサイドバック。中盤もこなせる。

11歳までニュージーランドで過ごし、15歳の時にAIS(※)にスカウトされる。

※AISは、国立のスポーツ選手養成機関

その後、NSL(Aリーグの前身)のブリスベン・ストライカーズに史上最年少で加入。1998-99シーズンには、早くもデビューし、12試合で1得点という成績を残した。

翌シーズンは20試合に出場して2得点、翌々シーズンは16試合0得点と着実に経験を積み、2001-02シーズンにはシドニー・オリンピックFCへと移籍。2シーズンで60試合3得点と活躍した。

03-04シーズンはパース・グローリーでプレーし、ベルギーのAAゲントを経て(不出場)ニューカッスル・ジェッツに加入する。07-08シーズンにはキャプテンを務めるなど名を高め、ベルギーやアルメニアのクラブからのオファーが噂されたが、正式オファーには至らず、紆余曲折の末に09年はKリーグのインチョン・ユナイテッドへ移籍。2010年はノルウェーのトロムスで4カ月だけプレーすると、同年6月30日にウェリントン・フェニックスと1年契約を結び、オーストラリアへ帰還した。

オーストラリア代表には、U-17(19試合4得点)から名を連ねる。U-20(6試合1得点)、U-23(15試合1得点)とステップアップし、2002年にフル代表に選出。これまでに34試合に出場しており(0得点)、今年1月のアジア杯の代表メンバーにも入っていた。

1999年のU-17W杯では、準優勝に貢献。アテネ五輪でも主力としてプレーした。2008年には、W杯予選の中国戦で、アボリジニーの血を引くオーストラリア人として初めて、キャプテンマークを巻いた。

---------- キリトリ -----------

「Football Manager 2011」の最新パッチでの能力は以下の通り。

Jade-fm.jpg

Jade-posi.jpg

やや器用貧乏に映るが、欠点は少ない。2月下旬から練習に参加しており、3月6日の横浜FMとの練習試合でもプレー。「エルゴラッソ」によれば、対人戦で強さを発揮し、「1対1に強いし、人間的にも素晴らしい・1対1もシビアなところでやっているから強いし、いい競争の中の一人であるのは間違いない」(大熊監督)と高評価を得ている。
スポンサーサイト

コメント

Re: FC東京、豪州代表DFを獲得

FC東京も、J2に降格したクラブとは思えないぐらい補強していますね。
CBの主力では今野と森重がいますが、森重とポジションを争うことになるのでしょうか。
FMの能力値を見る限り、オーストラリア人DFにしては足も速そうですね。

まだ補強するとは驚きました

>どらぐら様

まさか、もう1人獲るとは思ってもみませんでした。これで昇格を逃したら、とんでもないことになりますよね。今野はともかく、森重は退場や出場停止が多いですし(苦笑)、CBの人数は必要。良い選手のようですから、期待は大きいでしょうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。