03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルトムントでテロ騒動 

ドイツ・ブンデスリーガが、爆弾テロの恐怖にさらされた。ドイツ連邦刑事局は3月31日、ドルトムントのホームスタジアムであるシグナル・イドゥナ・パルク付近に爆発物のような装置を仕掛けたとして、29日にドイツ人の男(25)を逮捕したと発表した。男は単独犯で、テロ組織などには属していないという。爆発物のような装置は、スタジアムの近くから3個、男の自宅からも3個が見付かったが、幸運にも危険性はなかった。ドルトムントは、4月2日の土曜日のハノーファー戦について「予定通り開催するが、観客に危険が及ばないようにセキュリティを強化する」としている。

article-0-0B6D0F1500000578-661_468x301.jpg

---------- キリトリ -----------

いきなり仕事が忙しくなったため、今夜はこれだけで失礼させて頂きます。皆様から頂いたコメントへのレスは、明日か明後日に必ずします。申し訳ございません。
スポンサーサイト

コメント

Re: ドルトムントでテロ騒動

テロ騒動とは物騒ですね・・・。

物騒と言えば、もうご存知かとは思いますが、こんなことも。
ザンクトパウリ対シャルケで、観客席からビールの入ったプラスチック製のコップが副審に投げられて当たったため、試合終了間際に中止になってしまいました。

たまたまこういう事件がドイツで連続して起こってしまいましたが、こういうニュースを見ると、日本という国は平和で良かったなと思います(もちろん、今は震災の影響でそんな悠長なことを言っていられる状況ではないことは承知していますが・・・)。

ドイツにしては珍しい

>どらぐら様

物騒な話ですね。最近、欧州のフットボールシーンでは、サポーター同士の揉め事や差別行動はあっても危険な行動は少なかったのですが・・・。特に、安全性が高く評価されているドイツでというのは驚きました。もっとも、色々なソースを漁ってみると、この男が本気で爆発させようと思っていたとは疑わしいですが。2chに不穏な書き込みをして逮捕される人間と同じタイプのような・・・。

ザンクトパウリ対シャルケは、残念な幕切れでしたね。ザンクトパウリがどういうクラブなのかをご存知のどらぐらさんなら、「いつか起きるのでは」と思っていたかもしれませんが・・・。

降格が迫ってきたことで、サポーターも暴挙に出てしまったのでしょうが、やるせないです。ウッチーも珍しく怒ってましたね。

日本の安全性は、高く評価すべきでしょう。少なくとも、スタジアムでこうした事件は起きないと信じています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。