09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フットボールのある日常 

Jリーグは22日、3月29日に大阪・長居スタジアムで行われる「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」に出場する「Jリーグ TEAM AS ONE」の選手20人を発表した。すでに代表引退を表明している楢崎正剛(名古屋)や中村俊輔(横浜FM)をはじめ、“キング・カズ”こと三浦知良(横浜FC)、18日に発表された日本代表には入っていなかった田中マルクス闘莉王(名古屋)や中澤佑二(横浜FM)ら豪華絢爛なメンバーが名を連ねている。被災地の一つである仙台からも、関口と梁が選出された。チャリティーマッチという位置付けながら、日本代表の選手からは「ガチンコ」宣言も出ており、日本を代表するフットボーラー達による、白熱のバトルが期待できそうだ。なお、中継は日本テレビ、キックオフ時刻は未定(ナイトゲーム)となっている。

---------- キリトリ -----------

我らが川崎フロンターレからは小宮山と中村憲剛が選ばれました。2人とも日本代表級ですし、きっと魅せてくれるはずです。

さて、Jリーグ選抜(便宜上、これに統一)は素晴らしいメンツになりましたね。GKは日本史上最高クラスの2人ですし、DFには本来ならば日本代表のレギュラーである中澤と闘莉王、そして中盤には中村俊、中村憲、小野、小笠原とフットボールファン垂涎の司令塔が揃っている。さらに、FWにはフットボールの枠を越えたスーパー・スターが。ピクシーがどのような起用をするのかは分かりませんが、妄想だけで何時間も過ごせるような魅力があります。

このチャリティーマッチに対する感情は、正直、複雑です。私は震災で大きな被害を受けたわけではありませんが、福島や宮城の親戚は大変な“現在”を過ごしています。未だに連絡を取れていない親戚もいます。そうした中では、埼玉でのうのうと暮らす私でさえ、フットボールに100%の情熱を注げません。

ACLや海外のフットボールこそ、ひっきりなしに眺めていますが、所詮は“異国”であり、どこか遠い。しかし、チャリティーマッチは大阪という日本で開催されるわけです。その熱量を感じて、興奮して、騒げるのだろうか。むしろ、とまどいや消化不良を覚えるのではないだろうか。

色々と考えてしまいます。もちろん、意義深いことですし、「不謹慎だ」などとズレた主張をするつもりもありません。ただ、心の中に拭えない“複雑さ”が存在している。それは事実であり、きっと堪能はできないのでしょう。

フットボールのある日常が帰ってくる。

嬉しいはずなのに、どこか寂しいのは何故だろう。


※以下、両チームのメンバー一覧。







「SAMURAI BLUE(日本代表)」

GK

1  川島永嗣

23 東口順昭

21 西川周作


DF

3  岩政大樹

15 今野泰幸

25 栗原勇蔵

2  伊野波雅彦

12 森脇良太

5  長友佑都

4  槙野智章

6  内田篤人

22 吉田麻也


MF

7  遠藤保仁

20 阿部勇樹

17 長谷部誠

24 本田拓也

13 細貝萌

16 柏木陽介


FW

8  松井大輔

11 前田遼一

14 藤本淳吾

19 李忠成

9  岡崎慎司

10 家長昭博

18 本田圭佑

26 乾貴士


「Jリーグ TEAM AS ONE」

GK

川口能活

楢崎正剛


DF

新井場徹

小宮山尊信

中澤佑二

田中マルクス闘莉王

茂庭照幸


MF

関口訓充

梁勇基

小笠原満男

中村憲剛

中村俊輔

小野伸二

駒野友一


FW

原口元気

ハーフナー・マイク

平井将生

大久保嘉人

佐藤寿人

三浦知良
スポンサーサイト

コメント

Re: フットボールのある日常

ご無沙汰しております。
被災地、そして震災によって生活に多大な影響が出ている地域にお住まいの皆様のことを考えると、愛知県で(暁さんよりもはるかに)のうのうと暮らせていることに感謝しなければならないと思う、今日この頃です。
虎舞竜の歌じゃありませんが、「何でもないようなことが幸せ」なんだなと・・・。

チャリティーマッチに対する感情は人それぞれでしょうが、今回の試合で一人でも多くの方の気持ちが明るくなってくれればと思います。
あとは一円でも多くのお金が集まりますように。

ご無沙汰しております

>どらぐら様

虎舞竜の歌が身に沁みますね。それほど、現地の状況は酷い。一方で、被災したわけでもないのに無駄な買い占めをする人間が沢山いる。日本人全てが優しくなれないのは、なぜでしょうか。それがとても悲しいです。

ただ、多くの人は心を痛め、何かをしてあげようとしている。自分のできる範囲で。それが大輪の花を咲かせるよう、祈るばかりです。

私も、ささやかながら毎日募金しております。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。