05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダフットボール協会、違法契約の疑いでチェルシーを調査へ 

オランダフットボール協会は、チェルシーが16歳未満での移籍を禁じるオランダの法律に違反し、フェイエノールトからDFのNathan Ake(15)を67万ポンド(約9045万円)で獲得したとして、調査に乗り出した。英「ザ・サン」が報じている。同紙によれば、チェルシーはクリスマス休暇中にAkeと交渉。2月16日には、Ake本人がツイッター上で「ロンドンへ向かう」、「素晴らしいホテルにいる」といったコメントを発信していた。チェルシーは12月中の契約を否定し、16歳を迎える今夏以降の獲得で合意したと声明を出しているが、過去にはガエル・カクタの移籍でも騒動を巻き起こしており(最終的には和解)、その行き過ぎた青田買いは再び批判を集めそうだ。

article-1357506-0D37FA33000005DC-797_468x316.jpg
渦中のNathan Ake
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。