07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤングパワーで躍進するマインツに、新たな有望株 

今季、ヤングパワーで躍進を遂げた独1部のマインツに来夏、新たな有望株が加わる。「ビルト」や「NZ」によれば、2部のフュルスで活躍するMFニコライ・ミュラー(Nicolai Müller、23歳)の獲得が決まったようだ。ミュラーは今季、22試合に出場して4ゴールを決めている、巧みなドリブルと豊かな得点感覚が武器のMF。ドルトムントやホッフェンハイム、カイザースラウテルンら多くのクラブから熱視線を集めていたが、育成手腕に長けた知将トゥヘル監督のラブコールに応えた。違約金はクラブ史上最高額となる200万ユーロで、契約期間は4年となっている。

muller_20110215123755.jpg

これまでに10得点を挙げているチーム得点王・シュールレのレバークーゼン移籍(来夏)が決まっているマインツにとって、最高の補強となりそうだ。

ミュラーは1987年9月25日生まれ。175cm、65kgの小柄な体格が示す通り、スピードとキレで勝負するアタッカーだ。フランクフルトとフュルスの育成機関で育ち、2006-07シーズンにフュルスのセカンドチーム(5部)でデビューすると、07年5月2日にはトップチーム(2部)でプロ初出場を果たす。2年間で7試合に出場した後、08-09シーズンは3部のオッフェンバッハに期限付き移籍。18試合5得点という成績を手土産に、09-10シーズンからは再びトップチームに定着している。

---------- キリトリ -----------

動画を見ると、ドリブルの技術とスピードは、かなり高いレベルにある。そこからのカットインは迫力十分。チャンスメイクでも力を発揮する。また、守備も手を抜かない。即、1部で通用するかどうかは分からないが、マインツのようなダイナミックな縦に速いスタイルとの相性は悪くなさそうだ。

「Football Manager 2011」の最新パッチにおける能力値は以下の通り。

Muller_20110215171322.jpg

Muller2.jpg

ほぼ動画の印象通り。GKを交わすのとカットインが得意というのも、ばっちり設定されている。さすが。
スポンサーサイト

コメント

Re: ヤングパワーで躍進するマインツに、新たな有望株

ドイツ人はデカいという印象がありますが、一方でゲッツェやマリン、そしてこの選手のように、スピード・技術で勝負する小柄な選手もドイツには結構いるんですね。
今後の活躍を期待しております。

多様性

>どらぐら様

色々なタイプを育てている点に、ドイツの手腕が窺えます。昔のイメージは、もうなくなってしまいましたね。もっとも、センターバックの育成には難儀しているようですが・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。