05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前横浜FMの坂田大輔、ギリシャ1部のアリスへ 

前横浜FMの坂田大輔が、ギリシャ1部アリス・テッサ・サロニカへ移籍することが分かった。18試合で11得点、うちFWが5得点という“貧打”に苦しむ同クラブは、Jリーグでの実績に加え、03年のワールドユースで得点王に輝いた坂田の実力を評価。1年半契約のオファーを出しており、メディカルチェックやビザ取得などに問題がなければ契約を結ぶ。推定年俸は約3000万円。早ければ、30日のPAOKとのダービーマッチでデビューする可能性も。2月15日にはヨーロッパリーグの決勝トーナメント1回戦、マンチェスター・シティとの試合も控えており、フル回転が求められそうだ。

※「追記」の部分に記事は続きます。

sakata.jpg
※スポーツ報知から拝借

Aris.png





AS Aris Salonika(アリス・テッサ・サロニカ)は1914年創設。リーグは3度の優勝経験がある。昨季は4位だった。ホームスタジアムは2万3220人を収容する。

Aris.jpg

監督は、過去にバレンシアやインテルなどを率いたエクトル・クーペル。

250px-Cuper_Hector.jpg

2009年から指揮している。

今季は18試合終了時点で7勝2分9敗で8位に付ける。リーグで3番目に失点が少ない(13)堅守が強みで、逆に得点(11)は最下位。堅守速攻のクーペル・イズムが色濃く反映されている。

FWは6人も抱えているが、主力の4人が挙げた得点はたったの5。スペイン人のJavitoが17試合2得点、クロアチア人のCesarecが13試合2得点、グアテマラ代表のRuizが16試合1得点、スペイン人のKokeが12試合ノーゴールと、惨憺たる結果だ。

Javito.jpg

Cesarec.jpg

Ruiz_20110118212034.jpg

Koke.jpg

DFのNeto、Lazaridisがそれぞれ15試合2得点、16試合2得点でチーム得点王タイというのは“異常事態”に他ならない。

坂田には、この貧打を解消する役割が求められる。チャンスは直ぐに与えられそうなだけに、きっちりモノにしたい。

---------- キリトリ -----------

ちなみに、Ruizはグアテマラ代表の英雄で、83試合43得点。

300px-Carlos_ruiz.jpg

他に有名な選手は、ギリシャ代表経験のあるGK・Sifakis、ローマで活躍したFatyら。

なお、今季はヨーロッパリーグに出場しており、グループステージを突破。国内では苦戦しているが、ヨーロッパリーグでは好調で、ホームとアウェイでアトレティコ・マドリーを破ったのは素晴らしい(ホームでは1-0、アウェイでは3-2)。レバークーゼンともアウェイでこそ0-1だったが、ホームでは0-0。守備は堅い。決勝トーナメント1回戦はマンチェスター・シティを引いてしまったが、アリスは、坂田はどこまで通用するだろうか。
スポンサーサイト

コメント

Re: 前横浜FMの坂田大輔、ギリシャ1部のアリスへ

以前から噂はありましたが、結局行くことになったんですね。
FWの得点力不足は深刻なものの、堅守を誇るクラブへの移籍。
ヨーロッパリーグでも勝ち残っていますし、坂田にとってはチャンスですね。

決まりましたね!

>どらぐら様

背番号は88とか。FWの決定力は軒並み低いので、坂田にはチャンスがありそうです。欧州の舞台でも戦えるのは非常に魅力的ですし、頑張って欲しいですね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。