09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独ブンデスリーガ、高額移籍ベストテン 

独1部ヴォルフスブルクが、ゼコの移籍について、独ブンデスリーガ史上最高額となる3500万ユーロの違約金で英1部マンチェスター・シティと合意したことを受け、独「ビルト」は独ブンデスリーガが関係する過去の大型移籍のベストテンを発表した。

dzeko-9017065__MBQF-1294236872,templateId=renderScaled,property=Bild,height=349

ビルトによれば、2位はバイエルンがマリオ・ゴメス獲得のためにシュツットガルトに支払った3000万ユーロ。これは“国内移籍”の最高額だ。3位は、ユベントスがヂエゴの獲得の際にブレーメンに支払った2700万ユーロ。4位は2500万ユーロで、パルマがアモローゾを獲得するためにドルトムントへ、バイエルンがリベリー獲得の際にマルセイユへ、マンチェスター・ユナイテッドがハーグリーブス獲得にバイエルンへ、それぞれ支払っている。

7位はバイエルンがロッベン獲得のためにレアル・マドリーに支払った2400万ユーロ。8位は2000万ユーロで、ローマがエメルソン獲得の際にレバークーゼンに、ルビン・カザンがカルロス・エドゥアルド獲得にホッフェンハイムへ、それぞれ投じた。10位はバイエルンがマカーイ獲得にデポルティボへ支払った1975万ユーロ。ベストテンのうち5つがバイエルン絡みで、まさに“盟主”と呼ぶに相応しい存在感を見せ付けた。
スポンサーサイト

コメント

Re: 独ブンデスリーガ、高額移籍ベストテン

日本と比べると桁違いですね(苦笑)
しかし、ジェコ獲得のためにブンデスリーガ史上最高額となるお金をポンと出せてしまうマンチェスター・シティは恐ろしい・・・。

ベスト10のうち5つはバイエルンが占めるとは、さすがですね。
お買い上げするクラブはドイツ国外の有名クラブであることが多いですが、その中にルビン・カザンの名前が出てくるあたり、時代が変わったなと思わされます(シティもそうですが)。

まさにバブル

>どらぐら様

とんでもない金額ですが、たとえばレアル・マドリーはC・ロナウドやジダン、フィーゴらに倍以上の金をかけているんですから、恐ろしいですよね。ゼコも、もっとバブリーな頃なら1000万ユーロくらい高かったでしょう。

バイエルンは、払うべき時は大金を動かしますし、しっかりしているなというイメージです。常に黒字ですし。ファイナンシャル・フェアプレーが導入された際の、本当の意味での資金力は世界で3本の指に入るレベル。シティやロシア勢が大金を投下できるのも、あと数年ですし、バイエルンのようなクラブが今後は移籍マーケットの主役になるでしょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。