03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000万ドルの17歳 

チェルシーが、イングランド3部サザンプトンのアレックス・チェンバレン(17)に目を付けた。英「ミラー」によれば、チェルシーのアブラモビッチ会長は、ジョン・テリーやフランク・ランパードらクラブの象徴の“後継者”として、彼に狙いを定め、1000万ポンドを支払う用意があるという。

alex_20101228164814.jpg

アレックス・チェンバレンは、1993年8月15日生まれの17歳。ポジションはMFで、イングランドU-18代表に名を連ねる。父は過去にポーツマスやイングランド代表でプレーしたマーク・チェンバレン。育成の名門――直近ではガレス・ベイル、テオ・ウォルコット、古くはアラン・シアラーを輩出――であるサザンプトンで育ち、今年3月2日に16歳と199日のクラブ史上2番目に若い年齢でプロデビューを飾る(1位はウォルコット)。

そして今季、8月10日のリーグカップで公式戦初ゴールを挙げると、同20日の17歳の誕生日にプロ契約を結ぶ。その後は定期的に出番を得て、10月23日にはリーグ初ゴールをマーク。さらに11月2日のダゲナム・アンド・レッドブリッジ戦では2ゴール1アシストの爆発でMOMに選ばれた。これまでに16試合に出場し、4ゴールを決めている。

この“ワンダーキッド”にはフルアム、アーセナルらも興味を持っているが、アブラモビッチ会長直々の“出陣”に、ブルーズの旗頭への道を歩むのだろうか。

---------- キリトリ -----------

「Football Manager 2011」では、物足りない能力を与えられている。

alex-chamberlain.jpg

alex-chamberlain-posi.jpg

ただ、3部とはいえ、普通の17歳がレギュラーを務められるはずはない。今後の動向が非常に楽しみな存在だ。

---------- キリトリ -----------

長かった9連勤が終わり、ようやく“冬休み”に入りました。もう2010年も終わりが近付いていますが、天皇杯やインカレ、高校サッカー選手権、英プレミアリーグなど、年末年始は注目のフットボールが目白押し。体調には気を付けて、存分に楽しみたいものです。
スポンサーサイト

コメント

Re: 1000万ドルの17歳

サザンプトンは優秀な若手を次々と輩出していますね~。
能力を見る限り、足の速いドリブラーといったところでしょうか。
このチェンバレンも先輩たちに続くことができるのか注目ですね。

名門ですよね

>どらぐら様

定期的に育っているのが凄いですよね。クラブ自体は低迷していますが、ノウハウは受け継がれているようです。

FMではかなり能力が低いですが、イングランドではランパード的なダイナミックな攻撃的MFとして評価されつつあるようです。それほどになるのか、ウォルコットのようにムラのあるタイプになってしまうのか、気になりますw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。