05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテル、バイエルンと“再戦”へ 

17日、UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が行われ、前年度王者インテルはバイエルンとの“再戦”を引き当てた。リヨン対レアル・マドリー、アーセナル対バルセロナといった“因縁の対決”も実現。日本代表の内田篤人が所属するシャルケはバレンシアと対戦する。なお、第1戦は来年2月15日~16日および22日~23日、第2戦は3月8日~9日および15日~16日に行われる。

phpzivls3ChampionsLeagueDraw.jpg

また、UEFAヨーロッパリーグも決勝トーナメント1回戦の組み合わせが決定。ナポリ対ビジャレアル、セビージャ対ポルト、ベンフィカ対シュツットガルトなど好カードが続出した。日本代表の本田圭佑が所属するCSKAモスクワはギリシャのPAOKと激突する。第1戦は来年2月17日、第2戦は2月24日に予定されている。

EL.jpg

---------- キリトリ -----------

チャンピオンズリーグはマンネリカードが多く、やや興を殺がれる結果となった。面白そうなのは、ミラン対トッテナムだろう。共に強力な攻撃陣を擁しており、華やかな撃ち合いが期待できる。恵まれたのはチェルシーで、戦力的には最も見劣りするコペンハーゲンを射止めた。

ヨーロッパリーグでは、ナポリ対ビジャレアル、セビージャ対ポルトなどフットボール・マニア好みのカードが多い。一方で、あまり目にする機会のないクラブの名も多く、新しい発見も多そうだ。
スポンサーサイト

コメント

Re: インテル、バイエルンと“再戦”へ

またリヨンとだよ・・・w

Re: インテル、バイエルンと“再戦”へ

マンネリ感は否めませんが、それでもやっぱり注目してしまうのでしょうね(苦笑)
そんな中、ミラン対トッテナムは新鮮かつ楽しみなカードです。
ミランが“先輩”としての格の違いを見せつけるのか、それとも・・・。

また、昨季のCSKAモスクワがそうだったように、シャフタールにもベスト8のチャンスがあるかもしれませんね。
ベスト8という点では、日本人選手として内田(とシャルケ)にも頑張ってもらいたいです。

見飽きましたw

>誠さん

今度こそ突破できるよう祈ってますw

見所もありますよね

>どらぐら様

マンネリーカードでも、所属選手は変化していますしね~。そういった意味では、歴史に裏打ちされながらも新鮮味がある・・・と言えなくもないでしょう。やや無理矢理ですがw

ミランは大量補強の効果で久々に強さが戻ってきましたからね。イタリア勢の凋落を避けるためにも、お隣として応援しています。もっとも、うちが負けそうな気がしますが。
(;´∀`)

シャフタールやCSKAは十分な戦力を持っていますし、1回戦の突破は十分に可能だと思います。もちろん、ウッチーのシャルケも。ようやくエンジンがかかってきましたからね~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。