03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブンデスリーガで最もアクセスされるウェブサイトは― 

“盟主”は、やはり注目度でもナンバーワン―。ドイツのメディアの調査で、ブンデスリーガのクラブのウェブサイトで最も1日あたりのアクセス数が多いのは、バイエルンであることが判明した。同調査は、ユニークユーザーのアクセス数で順位を決定。1日あたり29万アクセスを記録したバイエルンが、貫録の1位となった。

順位は以下の通り。

1位バイエルン 290,000
2位ドルトムント 240,000
3位シャルケ04 180,000
4位HSV 150,000
4位ブレーメン 同
6位フランクフルト 110,000
7位ケルン 93,000
8位ボルシアMG 83,000
9位シュツットガルト 76,000
10位ハノーファー 71,000
11位カイザースラウテルン 69,000
12位ニュルンベルク 63,000
12位ザンクトパウリ 同
14位マインツ 58,000
15位レバークーゼン 52,000
16位フライブルク 35,000
17位ホッフェンハイム 33,000
18位ヴォルフスブルク 26,000

人気のバロメーターとも言えるランキングだが、意外なことにレバークーゼンとヴォルフスブルクは下位。特にヴォルフスブルクは寂しい数値となった。一方で、地元密着型かつ古豪のフランクフルトやケルン、ボルシアMGは“成績”を上回るアクセス数を誇る。

なお、独ビルト紙によれば、年齢を問わず全てのサポーターが愛するクラブのウェブサイトに毎日アクセスするようになれば、ホームゲームの平均入場者数が7万7000人を超えるドルトムントが首位に立つであろうと断言している。
スポンサーサイト

コメント

Re: ブンデスリーガで最もアクセスされるウェブサイトは―

先日のすぽるとのマンフトでも注目されたザンクトパウリ、健闘していますね^^;
それに比べて、ヴォルフスブルクの人気の無さは・・・。
人口12万人程度だから、仕方ないんですかねぇ。

熱狂的なファンの有無

>どらぐら様

ザンクトパウリといえば、「得点が入ると、なめまかしい格好をした女性がポールダンスしてくれる席がある」も豆知識ですなw

やはり地域密着型が強いですね。ヴォルフスブルクは、都市の規模的に仕方ないのかもしれませんが、それにしても人気薄ですな~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。