09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い悪魔の新守護神はデンマーク人?! 

英メディアは先ごろ、ノルウェーのオーレスンに所属するデンマーク代表GKアンデルス・リンデゴーア(26)が、マンチェスター・ユナイテッド移籍に向けたメディカルチェックを受けたと報じた。一連の報道によれば、違約金は約4億6000万円。マンチェスター・ユナイテッドのファーガソン監督は「現時点で交渉は成立していないが、2~3週間後には成立するだろう」とコメントし、ファン・デル・サール(40)の後継者の獲得に自信を見せた。

リンデゴーアは1984年4月13日生まれで、デンマークのオデンセ出身。身長193cmの長身を生かしたダイナミックなセービングと足元の技術に定評がある。ただ、デンマーク代表のレジェンド、ピーター・シュマイケルは、「彼はまだプレミアリーグでプレーするレベルに達していない」と辛口だ。実際、代表では4試合に出場しているが、正GKの座は掴めていない。ノルウェー1部から世界のトップリーグへの急激な環境変化に対応できるかも疑問が残り、期待よりも不安の大きい移籍となりそうだ。

※超ワールドサッカーの記事およびWikipediaを参考に執筆しました。

↓リンデゴーアの雄姿。

Lindegaard-pic.png

↓「Football Manager 2011」における能力値。

Lindegaard.jpg

世界に冠たる“赤い悪魔”の守護神としては、明らかに物足りない。FMのリサーチャーの評価を上回る活躍をできるか。

恐らく、1月に加入して、今季は重要度の低い試合かレンタルで経験を積むことになるはず。26歳という年齢はGKであれば、まだ“若手”。じっくりと育てる算段か。
スポンサーサイト

コメント

Re: 赤い悪魔の新守護神はデンマーク人?!

ユナイテッドはアトレティコのデ・ヘアを狙っていると言われてましたが、方針転換でしょうか!?
夏にはそれまで無名の存在だったベベを獲得していますが、ユナイテッドの目のつけどころは違いますねぇ。

デ・ヘアは

>どらぐら様

デ・ヘアは本人が残留を希望していましたから、手を出せなかったようです。まだ十代ですしね~。

ユナイテッドって、最近は「知る人ぞ知る」的な選手を集めていますよね。若手中心に。世代交代を迫られているからというのもあるでしょうが、さすがのスカウト網だと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。