09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再加筆】FM2011デモ版で見る、日本人の評価 

公開されたFM2011のデモ版では、プレーできるリーグや選手数がかなり制限されているものの、多くの日本人を見付けられる。その中から、評価が注目された初登場の香川や長友をはじめ、評価の見直しがあった本田、森本らを紹介する。

まずは、驚異的な活躍を見せている香川真司。

Kagawa_20101021171435.jpg

いきなり、リーグ屈指の攻撃的MFとして存在している。評価額は8億5000万円。守備とフィジカルに難があり、クロスも巧いとは言えないが、ゴールを狙うために必要な能力値は軒並み高く、トップ下に置けば相当の結果を残せるはずだ。

香川と同じく今作で“FMデビュー”の長友佑都。

Nagatomo_20101021171433.jpg

スタミナをはじめフィジカルの数値が低い上、この画像からは分からないが、なんと左利きにされている。また、これまで攻撃面での寄与が少ないため、攻撃力は物足りない。

1部リーグばかりに目を奪われていたが、英2部リーグには阿部勇樹の姿がある。

abe_20101021233058.jpg

FK能力が高く、攻守のバランスも良い。フィジカルは低いが、主力として戦える。

なお、初登場になるはずの内田篤人は、残念ながらシャルケに存在していない。また、巻やチョン・テセらも確認できなかった。

これまでの作品に登場している日本人では、なんと言ってもW杯で名を上げた本田圭佑。

Honda_20101021171434.jpg

さらに“進化”した印象を受ける。「好みのクラブ」にレアル・マドリーの名があるのも面白い(前作から?)。

前作で評価が高かったのは森本貴幸も一緒。

Morimoto_20101021171434.jpg

現実ではベンチ外が続いているが、依然として期待されている。

他にも、長谷部や松井、長谷部、相馬、瀬戸といった何人かの日本人が継続でいるはずだが、デモ版では存在していないようだ。

※おまけ

ブラジルの超新星、ネイマールとガンソ(パウロ・エンリケ)を紹介する。

Neymar.jpg

PauloHenrique.jpg

すでに欧州のメガクラブから熱視線を浴びているだけあって、怪物級の能力値を誇る。どういう設定がなされているか分からないが、今作の最強クラスは彼らか。

---------- キリトリ -----------

○ゲーム内容で気付いたこと

また別途、まとめますが、幾つかだけ。

まず、CKやFKは自由に選手の配置やキックの種類を決められるようになるのかと思っていましたが、そうではありません。ただ、これまでのような文字だけでなく、実際に画像を見ながら配置できるようになっただけです。キックの種類は従前のアバウトな指示だけ、選手の配置も従前の「ニア」、「ファー」とかの大まかな位置だけしか設定できません。残念です。
スポンサーサイト

コメント

Re: 【加筆】FM2011デモ版で見る、日本人の評価

いよいよデモ版のリリースですか。
今作は欧州のクラブに所属する日本人が増えたので、日本人選手の評価も楽しみの一つですよね。
あ、欧州だけでなく韓国にいる高原もかw

香川はリサーチャーが頑張りましたね。
本田は評価額が遂に10億円突破ですか。
デフォルトの状態では、日本人初かもしれませんね。
長友はランダム!?

まだ全然プレーしていませんがw

>どらぐら様

日本人の海外進出がこれほど増えると、楽しみも多くなりますよね。欧州組ばかりに目が行きますが、確かに高原も気になります。

香川は、これほどとは思いませんでした。私がJつくで設定した数値より遥かに高いという。
(;^ω^)

この評価に見合うだけの活躍を祈るばかりです。本田の10億は2010の最終パッチからだった気がしないでもないですが、いずれにせよ凄い。

長友はどうなんですかね。何回かやり直してみて、変わっていればランダムでしょうが、セリエAのクラブの主力でランダムというのは、あまりない気もします。とりあえず、時間を見つけてチェックしてみます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。