03 | 2017/04 | 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1860ミュンヘン日記・12 

FM2010連載~皆で1860ミュンヘンに栄光を取り戻そう~


データベースサイズ:最大

追加データ:Jつく

リーグ選択:イングランド1~3部、フランス1~2部、ドイツ1~3部、イタリア1~2部、オランダ1~2部、ポルトガル1~2部、ブラジル1~2部、アルゼンチン1~2部、日本1~2部、韓国1~2部、ベルギー1~2部、ギリシャ1部、トルコ1部






---------- キリトリ -----------


【シーズンオフ】

欧州クラブランキングが59位上昇し、100位になった

まだ3桁か・・・。欧州のトップリーグでトップクラスのチームなのに。まあ、こればかりはポイントを稼いでいくしかない。

上位20クラブは以下の通り。

clubrank14.jpg

なぜ、白黒が首位に立っているんだ(怒)。意味が分からん(怒)(怒り)

そして20位以内にドイツのクラブはバイエルンだけ。アンデルレヒトでさえランクインしているというのに・・・。ブンデスリーガのためにも、うちは欧州カップ戦で結果を出さないといけない。

話を「ライオン」に戻す。

13‐14シーズンの最終損益は15億円近い赤字だったため、株主への配当は1億9000万円で済んだ。ラッキー・・・などと思っている場合ではない。フットボールクラブとはいえ企業。収支のバランスをきちんと取るのも監督の役目です。

ファンが選ぶ最優秀選手はAnnan。汚れ役を一手に担っているため、カードの累積による出場停止が多いものの、抜群の信頼感が評価された。

チームのベストイレブンは、以下の通り。

best111314.jpg

概ね順当に決まった。Hechtは若いのに、すっかり定着。ドイツの世代別代表でも主力を務めている。


【新シーズンを見据えて】

新シーズンの放映権料として、例年並みの19億2020万円を獲得した。

そして目標設定。ついに「大陸大会に出場できる順位」、「タイトルに挑戦」、「優勝」の3択になった。弱気の監督は、一応、最低限度の目標にセットしたが、もはやその程度でサポーターが満足するとは思えない。

結果、補強費40億5千万円、給与枠54億円を与えられた。現在の給与総額は、38億円余。資金は潤沢だ。

補強に関しては、センターバックと中盤に1人、優秀な選手が欲しい。

なお、残念ながら今年のユース選手は不作のようだ。取り上げるべきスター候補生はいない。

リーグタイトルのオッズも発表された。

odds1415.jpg

「ライオン」は17倍で3番人気。ついに優勝争いに本格参戦する。


【2014年W杯が終了】

WorldCupfinal.jpg

まさかのスイス優勝!!

決勝では、Begnalioが9.1という驚異的なレイティングを見せ、延長戦の末にブラジルを撃破。内容でもスイスが上回っており、まさに快挙だ。

ベストプレイヤーはスイスのDerdiyok2位に我らがLukaku、3位にBenzemaが入った。

得点王は、なんと「ライオン」のエースLukakuで、5得点を挙げた。ベストGKは決勝以外でも活躍したBenaglio。

なお「ワールドカップドリームチーム」は、以下の通り。

WorldCupDreamTeam2014.jpg

日本は、グループリーグ3位で決勝トーナメントには進めず。1位がベルギー、2位がスペインだった。ただ、コートジボワールを5-1で下しての3位は立派と言える。

最後に、悪い知らせが飛び込んできた。

W杯で頑張り過ぎたLukakuは鎖骨を骨折し、全治6~7週間。開幕戦絶望となった。

ベルギーの協会に謝罪と賠償を(ry


【補強と放出、そして・・・】

Naldo ブレーメンから19億円で獲得

Nald_20101013160816.jpg

31歳の選手に対する投資額ではないのかもしれないが、毎シーズン好パフォーマンスを残している上、「健康さ」が19もあるため、まだ2~3年はトップフォームを維持できるはず。優勝のために獲得した。

実施的な補強はNaldoのみ。あとは、未来に向けて投資した。

Elias Martin カイザースラウテルンから5億円で獲得

Martin.jpg

Iker Arteaga ナポリから7億5000万円で獲得

Arteaga.jpg

Jukka Hognabba FC Lahti(ラフティ、フィンランド)から2億3000万円で獲得

※いつもの画像の撮り忘れです・・・。

Arteagaの獲得は、サポーターやメディアに賞賛された。また、スカウトによればMartinはNaldoを超えられる存在とか。Hognabbaも、Toukamに匹敵する才があるという。ただ、コーチの1人には「こんな金額を使ってまで獲る選手じゃない」と言われてしまった。結果はいかに。


移籍市場の閉鎖間際、「ライオン」に衝撃が走った。

多くのサポーターは目を疑い、「まさか」と絶句した。

しかし、本人の新しい挑戦への意志は固く、引き止めは難しいと判断。膨大な金額を一括で払うことを約束したジェノアに、絶対的なエースは旅立つ。


Lukaku、ジェノアに51億円で移籍――。

昨季のゴールラッシュ、そしてW杯での活躍を経て、ついに手放さざるを得なくなった。特大のお土産を残してくれた彼の、イタリアでの幸運を祈る。



Lukakuを放出した時期が遅かったため、ひとまず期限付き移籍で切り抜ける。それに、彼に代わるような存在が、おいそれと市場にいるわけでもない。無駄な出費は避けた。

Simone Deii’Agnello ラツィオから期限付き移籍

DellAgnello.jpg

ほどよくまとまった選手だが、主力を張れるかは疑問。頭数を埋めるための補強と言われても仕方ない。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【チャンピオンズリーグへ出陣】

まず、グループリーグ出場で12億3940万円を獲得。さすがはチャンピオンズリーグ。ヨーロッパリーグとは桁が違う。

そして抽選を迎える。「ライオン」は第4シード。実質、シードではないが、長く没落していた身だけに、当たり前だ。

組み込まれたのは・・・






339032.jpg





04091009_4bbe7e38329e7.jpg





psg.jpg







レアル・マドリー、フェネルバフチェ、PSG!!

1強+横並びの3クラブという形。2位を狙えるが、4位にもなりえるという嫌な組み分け。最低でも、ヨーロッパリーグに回れる3位までに入りたいが、そのためには全ての試合を全力で戦う必要がある。

ここで、この箱庭でのUEFAチャンピオンズリーグの歴史を。

CL-hakoniwa.jpg

2010年はリアルと異なりバルセロナが連覇を達成し、11年はレアル・マドリーが優勝。決勝はクラシコという凄い展開だった。2012年は久々にイタリア勢が戴冠。よりによって白黒かよ。2013年はチェルシーが悲願の初制覇を遂げ、14年はレアル・マドリーが制している。

なお、今季のオッズは以下の通り。

clodds14-15.jpg

「ライオン」は19倍で、意外にも高評価。Lukakuが抜ける前にオッズを決めたのではなかろうかw

---------- キリトリ -----------

今回は短いですが、ここまで。

シーズンオフの補強とW杯ぐらいで、内容がなくてすみません。
m( __ __ )m

次回はチャンピオンズリーグでの激闘、さらに年内のリーグ戦を一気にお届けします。

前回から今回ほどは空かないはず。なにせ、「Football Manager 2011」の発売が11月5日に決まり、いつデモ版が出てもおかしくないからです。

実は、現段階で既に「ライオン」でのプレーはエンディングを迎えており、あとは日記化するだけとなっています。悲願の戴冠か、あるいは解雇によるバッドエンドか。どんなフィナーレとなるのか、もうちょっとお付き合い下さい。

次回へ続く!!
スポンサーサイト

コメント

Re: 1860ミュンヘン日記・12

ユーベの動きに一喜一憂される様、非常によく分かります。たかがゲームなのだけど、私もメレンゲに活躍されると嫌なタチでして、結構真剣に画面にむかって文句言ったりしてます。
幸いうちの箱庭では毎回CLの優勝は無くてほっとしてるのですが。リセットはしない主義なので、毎回「負けろ」と心から念じてる自分が笑えます。不思議なものです。
一方で、心のクラブであるバルサには監督就任したことがありません。これも「自分が監督したせいで負けたくない」という非常に屈折したクラブ愛の表れでして、我ながらおかしなもんです。
毎度のごとく楽しく読ませてもらっていますが、今回の日記に触発されて、未だプレーしたことのなかったドイツでプレーを始めました。かつての栄光を、のテイストもパクらせていただいて、カイザースラウルテンでのプレーをスタートしました。楽しみたいと思ってます。

Re: 1860ミュンヘン日記・12

さすがにワールドカップで活躍すると、引き抜きは仕方がありませんよね。
本人の意思が固いのなら、なおさら・・・。
移籍先がジェノアってのが意外ですがw
(暁さんの箱庭では強豪になっているのですかね)

FM2011もいよいよ発売が近づいてきましたね。
私のPCの仕様ではプレーは難しいかもしれないので、次回作もスルーするかもしれませんがw
ちなみにFM2008のボルシア・メンヒェングラートバッハ編は、PC故障のせいで続行不可能となりました・・・。
次は気分転換に代表編(EURO2008まで)でもやろうかなと考えております。

大変遅くなりました

>ごり様

まずは、お詫びを。
m( __ __ )m

現実でもゲームの中でも、ライバルの動向は気になりますよねw

今の箱庭では、インテルがCLで全く活躍できていないだけに、妬みもひとしおです。
(;^ω^)

私もノーリセット派なので、白黒がどれだけ活躍しようと、歯軋りしながら見守っていますよw

「愛するクラブ故に自分で監督はしたくない」というのは分かります。実は私も、インテルの監督に就任したことはありません(苦笑)。デモのテストプレーで指揮したことはありますけどね。こういう心情も、愛ゆえでしょうかw

更新頻度の低い、しかも手抜きの日記で恐縮ですが、そういって頂けると嬉しいです。ラウテルンはリアルでも1部に復帰して頑張っていますし、ぜひ栄光を取り戻してください!

大変遅くなりました

>どらぐら様

まずは、お詫びを。
m( __ __ )m

Lukakuは、リーグ戦でもW杯でも大活躍でしたからね。シーズン中は翻意してくれていたのですが、あまりにもオファーが多く、なだめすかすのも難しくなってきたため、移籍させることにしました。

私の箱庭では、ジェノアが異様に金を使います。高額な移籍には、幾度となく名前が出ていますし。現実のジェノアもオーナーは金満ですが、浪費家ではないので、これもゲームらしい傾向ですね。ジェノア移籍後はセリエAで変わらぬ活躍をしています。

これを書いている21日、2011のデモがリリースされました。残念ながら(?)本日は嫁の誕生日で、当分は触れませんが・・・。
(;つД`)

どらぐらさんのFM日記をとても楽しみにしている身としては残念ですが、代表編を待っております。そうそう、2010年の現実の移籍に即した2008用データは出ているようですし(どの作品にも熱心なファンがいますね)、それを使ってみるのもいいかもしれませんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。