09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定石や思い込みを崩す一手~後編~ 

散々引っ張っておいて、実はなんてことはないことについて偉そうに書くのが後編w

話を広げすぎた挙句に手抜きのため内容は薄く少ないので、読みやすいという長所だけはある。
実は技術的なことについて書くのは初めてなんじゃないかと思うが(おいおい)、その意表をつくための一手として最近よく使うのが…

サイドに切れ込んで、そっからクロスを上げたり、中で待つ選手にパスを出すと見せかけて、さらにエリアの中に深く切れ込み、直接シュートを打つ

って、展開。え?それだけかって?いや、それだけですよ orz

でも、エンドライン間際のギリギリまで深く入っていったら、普通はそこから上げるか戻してアーリー、ないしは中にグラウンダーのパスを出すってのが定石で、わざわざ相手DFが待ち構える中に入ってくなんて手は使わないもの。

だからこそ、そこに穴があって、するする入っていけたりする。

だいたい中を切るために距離をとってたり、後ろから上がってくる選手をレーダーで見てたりするから、タイミングを見計らって先手をとれば、案外侵入は可能なもの。

あとはGKを気にして遠いところに打つと、角度的な問題で枠を外すことが多いため、ニアに強めに打つとか、やや膨らんで角度を創ってからシュートにいくとか、もうひとふた工夫すれば威力は増す。

もちろん、マイナスに出してズドンって手も有りだ。

私と結構対戦してる人は、何度か仕掛けてるうちに警戒するようになっちゃってるから、成功率は落ちてるのが現状。でも、相手に守備の選択肢を絞らせないという意味で役に立ってはいる。


圧倒的な差が付く技では全然ないんだけれども、ちょっとした発想の転換で守備に穴を開けることが出来る訳だし、読みを外すという意味でも個人的には重宝してる。

成功するとなかなか決まるし、相手に与えるインパクトもそれなりにあるんじゃないかとは思う。

参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guilty4betrayer.blog6.fc2.com/tb.php/18-e58299ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。