07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FIFA、再度ゴールデンゴールの導入を検討 

「不公平」として廃止されたゴールデンゴール方式(延長戦で先に得点した方が勝利となる)が復活する?!国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は9日、FIFAの公式ウェブサイトで、延長戦の廃止とゴールデンゴール方式の導入を示唆した。南アフリカW杯において、引き分けも視野に入れて守備的な戦い方をする国が目立ったため。ゴールデンゴール方式を採用しない場合は、前後半の終了後、すぐにPK戦へと突入する形式を考えているという。ブラッター会長は「延長戦に入ると、さらに守備的になることも多かった」と指摘。エンターテインメント性を高めるため、より良いルールづくりを推し進める方針だ。

---------- キリトリ -----------

FIFAの公式ウェブサイトといえば、川島永嗣のインタビューが掲載されている。全て英語だが、読みやすい文章になっており、それほど難しくない。興味のある方は以下のアドレスへ。

http://www.fifa.com/worldfootball/news/newsid=1298867.html#kawashima+change+better

スポンサーサイト

コメント

Re: FIFA、再度ゴールデンゴールの導入を検討

またブラッターですか・・・。
グループリーグについては現状のままで良いと思うんですけどね。
決勝トーナメントでは、ゴールデンゴール方式の再導入も検討する価値はあるかもしれません。
ただ「延長戦に入ると、さらに守備的になることも多かった」のがなぜなのかをもっと突き詰めていかないと、短絡的だと批判を受けるでしょう・・・。

決勝トーナメントの魅力化

>どらぐら様

これはトーナメント方式の見直しで、グループリーグは現行のままだと思われます。私が見逃したのでなければ。決勝トーナメントにおける停滞感(日本対パラグアイ、アメリカ対ガーナなど)を払拭したいというのがブラッターの考え方なのでしょう。もっとも、負けないために必死で戦うのは、勝負事のサガだと思うんですけどね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。