08 | 2017/09 | 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次期日本代表監督との交渉は最終段階へ 

日本サッカー協会の原博実強化担当技術委員長は24日、難航している次期日本代表監督の選考について、少なくとも2人以上の候補者から返答を待っている段階であると発表した。候補者名は明らかにしていないが、マヌエル・ペジェグリーニ氏やエルネスト・バルベルデ氏とは既に交渉が決裂しているという。一部メディアが新たに報じた前メキシコ代表監督のハビエル・アギーレ氏については、「ノーコメント」と肯定も否定もしなかった。交渉の遅れを受け、9月に予定されている国際親善試合の指揮は、原委員長が執る。

※以下、共同通信より。

日本サッカー協会の原博実強化担当技術委員長は24日、東京都内で記者会見し、長期化している次期日本代表監督の選考経過について、現段階で監督決定に至っておらず、9月の国際親善試合2試合は原委員長が代行監督を務めると発表した。

日本代表新監督は当初、15日前後の発表を目指していたが、条件面で折り合わずに難航。24日午前、交渉中の欧州から一時帰国した原委員長は、複数の候補者から最終回答を待っている状況を説明し「日本を一つ上のレベルに連れて行ってくれる指導者に決めたい」と強調。氏名は明かさなかったが、期限を設けず粘り強く交渉を継続する姿勢を示した。

また、レアル・マドリード(スペイン)前監督のマヌエル・ペジェグリニ氏とオリンピアコス(ギリシャ)の監督に就任したエルネスト・バルベルデ氏との交渉が決裂していたことも公表した。

日本代表は9月4日にパラグアイ戦(日産スタジアム)、同7日にはグアテマラ戦(長居陸上競技場)を控えており、代表メンバーは技術委員会主導で選考し、27日に発表する。

---------- キリトリ -----------

会見では、現在Jリーグで監督を務める人物にオファーは出さないこと、日本人を五輪代表監督に就任させることなども明かした。詳細は、http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/1011/headlines/20100824-00000039-kyodo_sp-spo.htmlを参照して欲しい。

会見での原さんの写真からは、その苦労が伝わってくる。早期解決を祈るばかりだ。
スポンサーサイト

コメント

Re: 次期日本代表監督との交渉は最終段階へ

なかなか決まりませんねぇ。
で、まさかの原(代行)ジャパンw
もう関塚さんだけでも発表しちゃって、9月の試合は彼に任せてしまった方がいいんじゃないかなと思うのですが・・・。

今回は欧州で実績のある監督を交渉で引っ張ってくるという難しいミッションなので、こういう事態も仕方ないと言えばそうなのですが、
とにかく早期解決を祈るばかりです・・・。

難航していますね

>どらぐら様

私も、五輪代表を任せる監督を発表した上で、その人間に任せてしまえばいいと思います。メンバーも、五輪代表でいいのではないかなと。極論かもしれませんが。

日本のフットボール史上初めて、縁故に頼らず一から監督を探しているわけで、難航はやむなしでしょう。必ずや、将来の血肉になりますし、原さんにはやり遂げて欲しいものです。

それにしても、会見で原さんを糾弾した馬鹿な記者はどこの人間なんでしょうかね。某久保でしょうかw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。