07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゼンチンで注目を集めるコロンビアン 

アルゼンチンの1部リーグで熱視線を浴びるコロンビア人がいる。2010-11シーズン前期リーグに向け、ラシンがコロンビアのアトレティコ・ナシオナルから獲得した、ジョバンニ・モレノだ。

※以下、フットボリスタ8月25日号、チズル・デ・ガルシアさんのコラムより。

(前略)

190cmという長身の持ち主である24歳は、スピードこそないものの、優れたテクニックと戦術眼を兼ね備えたゲームメイカーだ。ラシンでのデビューとなった第2節のボカ戦では、元ウラカンの名手パトリシオ・トランソと抜群のコンビネーションを披露して中盤を支配。後半途中からはFWの位置にポジションを移したが、そこでも圧倒的な存在感を見せ付け、2-1の逆転勝利に大きく貢献した。

一部のメディアからは、全盛期のリケルメと比較されるほどの逸材。シーズン開幕前のテストマッチではすぐさまチームに溶け込み、巧みなパスワークで観客をうならせた。すでにコロンビア代表としても昨年のW杯予選を含む9試合に出場、3得点をマークしており、母国では「ジオ」の愛称で呼ばれて人気を博している。

(後略)

---------- キリトリ -----------

Giovanni Moreno

31a7efb1c724e6ebf28bc1a303e3c64f.jpg

1986年7月1日生まれ、24歳。身長は190cm。2006年にコロンビア2部のEnvigadoでデビューし、約2年間で59試合24ゴールを挙げてクラブを1部へと導く。08年にアトレティコ・ナシオナルに移籍。ここでも72試合34ゴールと活躍し、430万ドルでラシンへ引き抜かれた。クラブでは10番を背負う、期待のアタッカーだ。

下は「Football Manager 2010」における能力値。やや古いこともあり、現在の評価に比べると“大人しい”印象を受ける。

Moreno.jpg

恐らく、2011では“成長”していることだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。