04 | 2017/05 | 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1860ミュンヘン日記・7 

FM2010連載~皆で1860ミュンヘンに栄光を取り戻そう~


データベースサイズ:最大

追加データ:Jつく

リーグ選択:イングランド1~3部、フランス1~2部、ドイツ1~3部、イタリア1~2部、オランダ1~2部、ポルトガル1~2部、ブラジル1~2部、アルゼンチン1~2部、日本1~2部、韓国1~2部、ベルギー1~2部、ギリシャ1部、トルコ1部




---------- キリトリ -----------

序盤の7試合を4勝2分1敗(7得点6失点)とし、好ダッシュを見せた「ライオン」。ドルトムントには4点を取られたが、他は無失点か1失点に抑えており、2部から1部に上がっても、その堅守は健在だ。攻撃陣もまずまず。しぶとく戦って、残留を果たしたい。

今回は、一気にシーズン終了まで突っ走る。


10月2日

対ヴォルフスブルク(A) 

開幕から出遅れているヴォルフスブルクは16位(0勝4分3敗)。一方、昇格組の「ライオン」は4位(4勝2分1敗)と健闘している。ただ、メンバー表だけ見ると、なぜ未勝利なのか分からないほどの実力者揃い。アウェイでもあり、ドルトムント戦の悪夢がよぎる。

マスコットは、「Wolfi」。狼のヴォルフィ君。

woelfi_neu.jpg

上の画像はクラブの公式サイトからで、なんとも迫力がある。

この毛並みの良さ。さすが金持ちクラブw


○両者のフォーメーション

vsWolfsburg-a-f.jpg

ヴォルフスブルクは、まさかの3バック。イタリア代表での経験が豊富なBarzagli、現実世界で新生ブラジル代表に選ばれたReverを擁する。中盤の底には、まさかのDiaby。なぜ、アーセナルは彼を貸し出したのだろうか。MartinsとDzekoという補完性の高い2トップも怖い。


○要注意選手

・Andrea Barzagli

Barzagli.jpg

守備の上手さや高さだけでなく、スピードもある。

・Abou Diaby

Diaby_20100813140740.jpg

なぜ、ここにいる!

・Edin Dzeko

Dzeko.jpg

ここまで7試合で1ゴールと苦しんでいるが、FM2010で最高のゴールマシーンと言っても過言ではない。


○試合開始

元気のないヴォルフスブルクに対し、主導権を握ったライオン。しかし、とにかくシュートが枠に飛ばない。最終的に10本を放ったが、なんと枠内は0。そんなことをしているから、57分にDzekoのヘディングシュートを喰らって敗れてしまう。競り負けたセンターバックのBedaを責めるよりも、不甲斐ない攻撃陣のテコ入れを考えるべきだ。

vsWolfsburg-a-r.jpg

新たに採用している4-3-2-1は、守備こそ堅いものの、ゴールが入らない。1トップの力量不足なのかもしれないが・・・。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

次は、バイエルン・ミュンヘンとのダービーマッチなのだが・・・この先、かなりの手抜きになっている。

思い返すに、W杯が開幕して、気持ちがダレてしまったようだ(苦笑)。

そのため、このシーズンの残りは、ほとんどの試合で短評と試合結果の画面しか存在しない。

ご了承あれ。

対バイエルン(H)

久しぶりに実現したダービーマッチ。水色に染まるアリアンツ・アレーナで宿敵バイエルン・ミュンヘンを迎え撃つ。

「ライオン」は圧倒的な不利を予想されたが、試合は思わぬ事態を迎える。前半35分にPKをゲット。これをLovinが決めて、まさかの先制に成功する。

その後はカウンター戦法に切り替え、バイエルンの攻撃をいなす。

終盤はバイエルンの猛ラッシュを浴び、際どい勝負となったが、ギリギリで凌いで大金星をゲット!!

vsBayern-h-r.jpg

まさかの快挙を成し遂げた!!

ちなみに、バイエルンのマスコットは「Berni」。ベルニーという熊だ

350x.jpg

610xix6.jpg

そこそこ人気があるのか、日本でもグッズは買える。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

対レバークーゼン(A)

前半4分、8分と立て続けにKiesslingに決められた時点で、大敗を予期した。彼は十分に警戒していたはずなのに、オフ・ザ・ボールの質が高過ぎて付いていけいない。35分に阿部のミドルで1点を返して色気が出たが、42分にCKからSinkiewiczにヘディングシュートを流し込まれて1-3。それでも74分にEkdalが意地を見せて追いすがったが、2-3で敗れた。

マスコットは「Brian」。ライオンのブライアン君。

413984630_1bec625566.jpg

可愛くない・・・。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

対HSV(A):DFBポカール3回戦

今季の至上命題は残留。余計なコンペティションに力を入れている場合ではない。オール控えで挑み、きちんと(?)敗退。賞金として7390万円を獲得した。

マスコットは、恐竜の「Harmann」。ハーマン君。

hsv-maskottchen_t2.jpg

怖いって。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

対ニュルンベルク(H)

開始1分でLovinのミドルシュートで先制すると、そのまま逃げ切った。

マスコットは、「Ritter Frankie」。騎士のリッター・フランキー君。

frankie1_DW_Sport_N_868749s.jpg

顔の部分が安っぽい・・・。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

対シャルケ(A)

アウェイということもあり、守り倒してゴールレスドロー。4-3-2-1の守備力を生かした。

マスコットは、「Erwin」。青と白のサナギ、エルウィン君。

schalke_erwin2.jpg

サナギ?!ただ、某サイトの説明には、ちゃんと「a blue-white pupa」と書いてある。pupaはサナギのこと。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

対シュツットガルト(H)

格上相手にLarsenの移籍後初ゴールで勝利。得意のヘッドではなく、中盤からドリブルで持ち込み、対角線にシュートを突き刺すという華麗なゴール。後に月間ベストゴールにも選ばれた。Larsenは11時間以上もノーゴールを続けていたが、ようやく不名誉な記録に終止符を打った。

その後は、チーム全員が身体を張って耐え抜き、勝ち点3を獲得。しかし、その代償は大きく、中盤の汚れ役を担っていたKeitaが全治3週間の怪我を負った。

マスコットは、「Fritzle」。ワニのフリッツル君

boka_fritzle_345x468.jpg

ワニワニパニックかよw

keyring_010.jpg

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

対ハノーファー(A)

共に決め手を欠いて0-0。うちはシュートを10本打って、枠内0。ヴォルフスブルク戦の失態を、また披露した。これでは勝てるわけがない。65分に相手が退場者を出した時には、勝てると思ったが・・・。ただ、4試合連続完封の守備は評価していい。

マスコットは、いない。前回紹介したコラムにあった通り、ハノーファーにマスコットはいないようだ。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

対HSV(H)

4-3-2-1は守備こそ堅いものの、1トップや2列目の質が低いと、攻撃が手詰まりになりやすい。この日も攻撃陣は不発で、0-0のつまらない試合を繰り広げた。5試合連続完封の守備陣には喝采を。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

対ホッフェンハイム(A)

見どころの少ない試合だった。敵地で攻撃力のあるホッフェンハイムとの試合であり、「ライオン」は慎重な立ち上がり。無理せず、疲労した選手から交代させる采配で、6試合連続の完封。3試合連続のゴールレスドローとなった。

マスコットは、「Hoffi」。大鹿のホッフィ君だ

maskottchen_hoffenh_150392b.jpg

勇ましい顔付き。鹿島の「しかお」と対面する日はやってくるのかw

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

対ブレーメン(H)

これが年内最後の試合。不利が予想される中、ゲームの主導権を握り、幾度となくゴールを脅かすも、この日8.2のレイティングを叩き出した守護神Wieseの壁が厚い。

逆に、Marinの飛び出しを捕まえ切れず、1-2敗戦。守備には安定感があるが、やはり攻撃が絶望的に苦しい。ただ、ブレーメンも内紛に揺れているようで、勝利したにも関わらず、試合後にMarinがSchaaf監督を非難した。

ちなみに、ビッグクラブにも関わらず、マスコットがいない。もう少し、そういう気配りをした方がいいのでは?というのはお節介か。「ブレーメンの音楽隊」という絶好の素材もあるのに・・・。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【ヘルプストマイスターはシャルケ】

筆者が圧巻の手抜きを見せたためw、もう年内の試合が終了。順位表は以下の通りとなった。

nennai10-11.jpg

昇格仲間のフュルスとカールスルーエが苦戦する中、「ライオン」は7位と素晴らしい順位に付けている。特筆すべきは堅い守備。得点は下から5番目ながら、失点数は上から3番目。4-3-2-1が効いている。17試合で13点という貧打が解消されれば、残留はおろか、今の順位を保てそうだ。

次に選手のデータ。

nennnai10-11-player.jpg

うちからは、毎試合ハイレイティングを記録し、7度もMOMに選ばれているGiltonが入っている。それから、中盤の底で攻守に存在感を発揮している阿部もパス成功率で2位タイに付けた。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【後半戦、始まる】

対ヘルタ・ベルリン(A)

年明けの初戦。冬季休暇中は、クラブ・ブルージュとスパルタク・モスクワと対戦。コンディションはできている。前半20分に先制され、その後も劣勢。ノーチャンスかと思ったが、86分に途中出場の都倉がクロスに強烈なヘッド!初ゴールで辛くも勝ち点1を拾った。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【日本人の評価は?】

Japanese-runk.jpg

1位はまだカターニャにいる森本、2位は何と京都の宮吉!!驚くことに、バルセロナの下部組織に所属しているw

3位の本田は、依然としてCSKAでプレー。4位のPaulo Nagamuraはサンパウロ生まれの日系ブラジル人。ロドリゴ・タバタほど有名ではないが、ちゃんとWikiもある。現在は、MLSのチーヴァスでプレーしているようだ。

遠藤はボルドー、大久保はトゥールーズ、長友はアヤックス、槙野はボーフム等々、海外組となった選手も多数いる。

―――――――――― キリトリ ―――――――――――

【2010-11シーズン終了】

上の文字は幻覚ではなく、現実です。

そう、後半戦は浮き沈みがほとんどなく、淡々と終わってしまったため、割愛しますw

最終順位は・・・

















8位!!!













大健闘と言っていい。さすがにカイザースラウテルンのように、昇格直後に優勝というのは夢のまた夢だが、戦力的に考えれば、これ以上はない結果だろう。

そして、さすがドイツ。順位による賞金が半端ない。

junishoukin.jpg

8位で38億円ももらえるとは。

リーグ全体に目を向けると、バイエルンとシャルケがデッドヒートを繰り広げた結果・・・

German1011.jpg

得失点差でバイエルンが優勝!昨季も優勝しており、連覇となった。

まさに大接戦で、国内はかなり盛り上がったことだろう。

選手のデータは以下の通り。

German1011-player.jpg

うちは阿部がパス成功率で、ジウトンがMOMの回数で入ったのみ。

なお、DFBポカールは、ドルトムントが優勝した。

DFB1011.jpg

退場者を出しながら、延長戦で競り勝った。素晴らしい精神力だ。

というわけで、あっさり過ぎる形で10-11シーズンが終了した。

次回は、チームを残留へと導いた堅守の原動力である4-3-2-1の解説から始めて、新シーズンに向けた補強戦略、そして一気に前半戦終了まで進む。

2011の公式アナウンスが行なわれ、いつまでこの日記を続けるのか、はたまた続ける価値があるのか疑問を抱きつつも(自分で読んでいて、淡白すぎて面白くないなと思うわけで)、また次回お会いしましょう。

ちなみに、すでに11-12シーズンはプレーを終え、12-13シーズンも佳境に入っています。

今後も、今回のようにポイントを絞って(物は言いよう)、どんどん先へと行きたいものです。

そうそう、最近はニコ生でFMのプレーを配信されている方がいます。予約→延長のコンボで、1回に数時間かけてゲームを進めているため、ぶつ切りにならず、見やすいです。興味のある方は、http://com.nicovideo.jp/community/co416068をチェックしてみて下さい。私も、できれば配信をしたいのですが、結婚式の準備などもあり、休日にまとまった時間を取れないので、断念しました。

スポンサーサイト

コメント

Re: 1860ミュンヘン日記・7

ご無沙汰しております。
修理に出したPCの代わりに、前のPC(時代遅れのWindows98)からコメントしております。
ブログの方はセキュリティ上の問題でログインするのが怖いので、相変わらず更新できないのですが・・・。

昇格組で8位とは大健闘ですね。
バイエルンとのダービーマッチを制したのは痛快だったのではないでしょうか。

お国が違うからかもしれませんが、ブンデスのマスコットは今ひとつ可愛さがありませんね(苦笑)
バイエルンのマスコットがマシかなというぐらいで。

いわゆる「萌え」という点では、日本のマスコットが上でしょうか。
何度でも言いますが、グランパスくんの可愛さは世界に通用すると思いますw

Re: 1860ミュンヘン日記・7

お久しぶりです!
まってました!w

昇格一年目で8位であれば、ちょっとしたニュースですね~。
キッカー誌も特集を組むのではないでしょうか?
やはり堅守は基本ですか……
そしてジウトン、よさげですね。

うちも一括で更新なのでw
ムリせず、マイペース更新でお願いします。
結果が見えるだけでも楽しいものですよ~。

わざわざすみません

>どらぐら様

そんな大変な状況でコメントを頂き、ありがとうございます。
m( __ __ )m

心配で、ヤフーを通じて(?)メッセージを送ってしまいました。早く故障が直るよう祈っています。

さて、ゲーム内容についてですが、守備陣の奮闘で上々の結果を出せました。やはりフットボールは守備からですね。
v( ̄Д ̄)v

マスコットは、どうにも可愛くないですよねw
(;^ω^)

海外のデザイナーの感覚は、日本人と違うのでしょうか。
(;´∀`)

グランパスくんの可愛さには、他サポの私もメロメロですw

でも、ふろん太もなかなかのものですよ!!

恐縮です!

>mukade様

ご無沙汰しております。
m( __ __ )m

私も、mukadeさんの更新を待っていましたよ!このシリーズは、mukadeさんのスタイルを見習おうかなと思っています。

キッカーあるいはビルトが特集してくれそうな順位に入れて良かったですw

ジウトンは、能力値よりも活躍する気がします。良い選手ですよ!

mukadeさんのコメントを励みに、頑張ります!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。