07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウチ、深夜の“オウンゴール” 

イングランド代表の不祥事が止まらない。喫煙&放尿をすっぱ抜かれたルーニーに続き、ピーター・クラウチの売春が明らかになった。クラウチにはタレントのアビー・クランシーという婚約者がいるが、彼女は「裏切られた」と憤慨している。

c-image-21-116303058.jpg

abbey-clancy-pic-getty-913299495.jpg

※以下、サンスポより。

南アW杯イングランド代表FWピーター・クラウチ(29)=写真上、トッテナム=が、タレントのアビー・クランシー(写真下)という婚約者がありながら売春していたと、8日付ニューズ・オブ・ザ・ワールド紙が報じた。

7月17日早朝、マドリーで泥酔し、アルジェリア人売春婦のモニカ・ミントさん(19)に約11万3000円を支払い関係を持ったという。モニカさんは同紙にビキニ写真入りで登場し、「キスが下手だった。有名人で美人の婚約者がいるなんて知らなかった。同じ過ちを犯さないで欲しい」とコメントした。

---------- キリトリ -----------

1日遅れで、英ミラー紙や同ザ・サン紙も次々と報じている。いずれも読むに堪えない内容で、文面を追うごとにクラウチのダメさが伝わってくる。タクシーの車内でいかがわしい行為を始めたり、ホテルの部屋をモニカ・ミントさんの名前で予約したりと、大胆なのか臆病なのか。自身が撮影で不在にしている間の愚行に、アビーは「私を侮辱しているの?それとも、私じゃ満足できなかったの?裏切られた」と怒り心頭。4年間の交際、そして7月にしたばかりの婚約が、白紙に戻っても止む無しだろう。

なお、モニカ・ミントさんの写真を見たい方は、「続きを読む」を選択して下さい。ちょっと刺激が強過ぎるため、ここには貼りません。



Monica_516_137847a.jpg

このモニカ・ミントさん、今年になってアルジェリアからスペインにやってきたため、英語がよく分からなかったのだとか。また、イングランド代表のフットボーラーとは知らず、その長身からバスケットボール選手だと思っていたとのこと。個人的には、アビー・クランシーよりも好みですが、婚約者がいながら売春婦に手を出す勇気はありませんw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。