09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツは継続、イタリアは革新 国際親善試合に向け、代表メンバーを選出 

ドイツとイタリアは6日、国際親善試合に向けた代表選手を発表した。ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督は、11日にコペンハーゲンで開催されるデンマーク代表戦に向け、18人を招集。W杯組からは、出場機会の少なかった8人を選出。マルコ・ロイス(ボルシアMG)、サーシャ・リーター(ヴォルフスブルク)といった代表での出場経験のない“新顔”も選ばれている。イタリア代表のチェーザレ・プランデッリ監督は、10日にロンドンで行われるコートジボワール代表戦に臨む23人を発表。W杯組から9人を呼ぶ一方、イタリア国籍を取得したブラジル人FWアマウリ(ユベントス)、アントニオ・カッサーノ(サンプドリア)ら“落選組”からも数人を引き上げた。また、マリオ・バロテッリ(インテル)、ルカ・アントニーニ(ミラン)といった若手も多数抜擢している。

なお、両国のメンバーは以下の通り。




<ドイツ代表>

GK

ノイアー(シャルケ)
ヴィーゼ(ブレーメン)

DF

リーター(ヴォルフスブルク)
シェーファー(ヴォルフスブルク)
C・シュルツ(ハノーファー)
ベック(ホッフェンハイム)
タスキ(シュツットガルト)
J・ボアテング(マンチェスター・シティ/イングランド)

MF

ロイス(ボルシアMG)
トロホウスキ(ハンブルガーSV)
ゲントナー(ヴォルフスブルク)
トレーシュ(シュツットガルト)
フント(ブレーメン)
マリン(ブレーメン)
クロース(バイエルン)
ヒツルスペルガー(ウェストハム/イングランド)

FW

ゴメス(バイエルン)
ヘルメス(レバークーゼン)


<イタリア代表>

GK

フェデリコ・マルケッティ(カリアリ)
サルバトーレ・シリグ(パレルモ)
エミリアーノ・ビビアーノ(ボローニャ)

DF

ルカ・アントニーニ(ミラン)
ダビデ・アストリ(カリアリ)
レオナルド・ボヌッチ(ユベントス)
マッティア・カッサーニ(パレルモ)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)
ステファノ・ルッキーニ(サンプドリア)
クリスティアン・モリナーロ(シュトゥットガルト)
マルコ・モッタ(ユベントス)

MF

ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)
アンドレア・ラッツァーリ(カリアリ)
クラウディオ・マルキジオ(ユベントス)
リカルド・モントリーボ(フィオレンティーナ)
アンジェロ・パロンボ(サンプドリア)
シモーネ・ペペ(ユベントス)

FW

アマウリ(ユベントス)
マリオ・バロテッリ(インテル)
マルコ・ボッリエッロ(ミラン)
アントニオ・カッサーノ(サンプドリア)
ファビオ・クアリャレッラ(ナポリ)
ジュゼッペ・ロッシ(ビジャレアル)
スポンサーサイト

コメント

Re: ドイツは継続、イタリアは革新 国際親善試合に向け、代表メンバーを選出

イタリアはだいぶ顔ぶれが変わりましたね。
何気にアマウリも召集されていますし^^;

ドイツはワールドカップメンバーの控え組といったところでしょうか。

欧州主要リーグは開幕直前、さらにワールドカップ直後ということで、ワールドカップにあまり出ていない選手を招集するのが妥当ですが、どこかの国はほとんどワールドカップの主力メンバーで固めてきましたよね。
さすがに所属クラブからは批判の声が挙がっていますが・・・。

イタリアはどうなりますか

>どらぐら様

イタリアは、3トップ+トップ下の攻撃的な布陣に変えるようで、1トップ気味にアマウリ、トップ下にカッサーノ、左にバロテッリというプランを明かしていました。機能するかどうか、楽しみです。アマウリは、苦労してイタリア国籍を取得したんですから、選ばれてよかった。

ドイツは、バックアッパーの確保でしょうね。

スペイン代表では、マンチェスター・シティとシルバが招集を批判してましたね。もっともだと思います。移籍したばかりの選手をどうして招集するのやら。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。