09 | 2017/10 | 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次期日本代表候補、3人に絞られる 

次期日本代表監督候補が3人に絞り込まれた。ニッカンスポーツによれば、原博実強化担当技術委員長が交渉しているのは、元オランダ代表監督のマルコ・ファン・バステン(45)、ポルト時代にトヨタカップを制したビクトール・フェルナンデス(49)、エスパニョールをUEFAカップ準優勝に導いたエルネスト・バルベルデ(46)の3氏という。いずれも現在はフリーで、就任に支障はない。また、近年は成績不振で辞任・解任に追い込まれているものの、過去に確固たる実績を持つ。原委員長は数日中に再渡欧し、8月中旬までに契約を結ぶ方針だ。




日本代表の未来は、気鋭の監督に託される。候補の3人はいずれも40代。最先端の指導法を採り入れ、エネルギッシュに立ち回れる世代であり、ベテランの名将とは違った強みと魅力がある。

ファン・バステン氏は、選手時代にバロンドール3回をはじめ、数々のタイトルを獲得。フットボール史上最高クラスのFWとして名を馳せた。怪我のため31歳の若さで現役を退いた1995年以降はピッチから離れていたが、2003年に古巣アヤックスの下部組織のアシスタントコーチに就任。さらに1年後にはオランダ代表監督に就いた。指導者としての実績がなく、その手腕を疑問視する向きもあったが、ワールドカップ予選を無敗で突破。若手の抜擢にも積極的で、チームの力を落とさずに上手く世代交代を成し遂げた。

ただ、非常に厳格な性格から選手との衝突も多く、ファン・ボメルなど自ら代表を去っていった主力も少なくない。また、選手を頻繁に入れ替えるあまり、チームの“骨格”がなかなか固まらないという欠点もある。オランダ代表監督を退任後に率いたアヤックスで、欧州カップ戦の出場権を逃したこともあり、このところ評価を落としている。

ビクトール・フェルナンデス氏は、攻撃的なフットボールの信奉者として知られる。90年から6年間に亘って率いたレアル・サラゴサでは、コパ・デル・レイ準優勝(92-93)、リーガ・エスパニョーラ3位およびコパ・デル・レイ優勝(93-94)、カップウィナーズカップ優勝(94-95)などの実績を残した。その後、テネリフェを経てセルタの監督に就任すると、3年連続でリーグ戦で上位に食い込み、コパ・デル・レイ準優勝も果たすなど結果を残す一方で、スペイン人好みのファンタスティックな攻撃サッカーを展開し更に評価を高めた。ポルトの監督時代には、トヨタカップを制覇し同クラブを世界王者に導いている。

以降も、サラゴサやベティスで結果を出したが、「昇格の切り札」として10年1月に招かれたベティス(スペイン2部)では、4位止まりで昇格を逃したため、契約を打ち切られた。

エルネスト・バルベルデ氏は、アスレティック・ビルバオのユースチームの監督やコーチ、Bチームの監督を経て、03-04シーズンにトップチームの監督に就任。資金力に乏しく、補強に制約のあるクラブ(バスク人以外は獲らない)でありながら、初年度に5位、翌年度も9位と奮闘。06年5月にはエスパニョールの監督となり、UEFAカップで準優勝の快挙を成し遂げ、その名を大いに高めた。しかし、07-08シーズンは冬以降に成績が急落して12位。辞任に追い込まれた。

翌シーズンはオリンピアコスの監督としてリーグ優勝と国内カップ戦の2冠を達成。再び脚光を集め、09年6月にビジャレアルの監督に就任。だが、開幕から低空飛行を続け、10年1月に解任された。

ファン・バステン、フェルナンデス、バルベルデのいずれもが、賞賛と批判の“明暗”を味わっている。そして、失職中の今、リベンジへの意欲は軒昂なはずだ。伸びしろ豊かな後進国・日本にとって、最適なトップかもしれない。

※3氏の経歴は、Wikipediaを一部参照・引用しました。

---------- キリトリ -----------

チリのビエルサ監督が契約延長にサイン。ペケルマン氏は“保険”のようで、ファン・バステン、フェルナンデス、バルベルデの中から決まる可能性が高い。個人的には、フェルナンデスを推したいが、果たして。

なお、参考までに「Football Manager 2010」の3氏の能力値を貼っておく。

VanBasten_20100803182546.jpg

Fernandez_20100803182546.jpg

Valverde.jpg

スポンサーサイト

コメント

Re: 次期日本代表候補、3人に絞られる

3人のうち、ファン・バステンとビクトール・フェルナンデスは金銭面がネックのようですね。
そうなると、バルベルデが有力候補?
スポニチと日刊のどちらにも名前が挙がっていたのもバルベルデですし。
3人全てダメならペケルマン?

マンサーノには断られたようですね

>どらぐら様

まさかマンサーノにもオファーを出していたとは・・・。

さて、この3人ですが、共通して出ているバルベルデが有力なのかもしれませんね。

ペケルマンは、どうやら「代役の代役」レベルの考えらしいですが、それはそれで失礼な話で、受けてもらえるかどうか・・・。

なんにせよ、早く決まって欲しいものです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。