07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セレソンの命運はメネゼス氏の手に 

難航していたブラジル代表の新監督が、ついに決まった。ブラジルサッカー協会は24日、コリンチャンス監督のマノ・メネゼス氏(48)と合意。25日戦のグアラニ戦までクラブで指揮を執り、米国との親善試合(8月10日)に臨むメンバーを発表する26日から、代表監督を務める。

_48473910_manomenezesap226170.jpg

※以下、ニッカンスポーツより。

ブラジル協会は24日、コリンチャンス監督のマノ・メネゼス氏(48)と次期同国代表監督就任で合意した。同氏は昨年、コリンチャンスをサンパウロ州選手権とブラジル杯の2冠に導いた。クラブの午前練習後に会見した同氏は「昨日の夜7時すぎに協会から電話があった。ティシェイラ会長と14年W杯の話をし、就任を決めた。いつかは代表監督をやりたいと思っていたが、これほど早いとは思わなかった」と語った。会見の途中ではコリンチャンスの元代表FWロナウド、DFロベルト・カルロスから抱きつかれ、祝福された。

23日には一時、フルミネンセ監督のムリシ・ラマーリョ氏(54)の代表監督就任が決定的になったが、クラブのオルカデス代表が放出を拒否。ラマーリョ氏も代表監督を断念した。

メネゼス監督は25日のグアラニ戦までクラブの指揮を執り、26日の米国との親善試合(8月10日)のメンバー発表から代表監督としての活動をスタートさせる。

---------- キリトリ -----------

協会の“本命”はラマーリョ氏だったが、メネゼス氏も当初から有望視されていた一人。そういった意味では驚きはない。メネゼス氏は、2005年にグレミオを2部から1部に上げ、06年と07年には州選手権を連覇。その後、07年末に2部降格の決まったコリンチャンスの監督に就任し、翌年にクラブを昇格させる。09年シーズンは無敗でサンパウロ州選手権を制し、コパ・ド・ブラジルも優勝。ブラジル国内では名将の誉れ高い、有能な指揮官だ。

ちなみに、Football Manager 2010におけるメネゼスは、以下の通り。

Menezes.jpg

勝利意欲が高く、4-3-3を用い、大胆で積極的なゲーム運びを好む。

つまり、ドゥンガ前監督に欠けていた“華やかさ”や“想像性”をもたらす監督と言える。

8月10日の米国戦で、どんな選手と戦術を採用するのか、今から楽しみだ。

---------- キリトリ -----------

ビジャレアルは24日、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を得たことを発表した。昨季5位に入り、EL出場権を手にしたマジョルカが、財政難でUEFAに資格を剥奪されたため。ただ、マジョルカには25日までに上訴する権利があり、すんなりと決着するかは不明。

※以下、超ワールドサッカーより。

24日、ビジャレアルは財政難によってUEFA主催の大会の参加資格を剥奪されたマジョルカに代わり、EL出場権を与えられたことを明らかにした。ビジャレアルは公式サイト上で、「ビジャレアルはマジョルカに代わって2010-11シーズンのELに出場する権利を、UEFAから公式に受諾したことを発表する」との声明を出している。

ビジャレアルは昨季のリーガエスパニョーラで7位に終わっていたが、昨季リーガエスパニョーラ5位のマジョルカが、多額の負債を抱えていることを理由にUEFAの管理規律委員会からEL出場権を没収されていたため、出場権を与えられる形となった。

なお、マジョルカには25日までに上訴する権利が与えられており、近日中にマジョルカから何らかの発表があると見られている。

---------- キリトリ -----------

経営の健全化に向け、厳格さを見せ始めたUEFA。マジョルカはある意味で“見せしめ”になった格好だが、各クラブに緊張感を与えたのは間違いない。改革への一歩となるか。

---------- キリトリ -----------

今夜はジュニーニョの復帰弾で5試合ぶりの勝利。最高の夜となった。
(*´ω`*)
スポンサーサイト

コメント

Re: セレソンの命運はメネゼス氏の手に

ブラジル国内では名将と呼ばれている監督さんなのですね。
って、そうでなければセレソンの監督を任されないのでしょうが。
ブラジル大会では「最低でも優勝」ですから、プレッシャーはかなりのものですね。
頑張ってほしいです。

マジョルカ、昨季は頑張ったのですが、こればかりは仕方がないですね・・・。

最後になりますが、勝利おめでとうございます!

立て直しの専門家

>どらぐら様

経歴を見ると、昇格請負人かつ常勝軍団育成家ですね。落ちぶれて降格したビッグクラブを再生させ、タイトルを獲らせた辺りが。そのノウハウが代表にも生きれば、来年のコパ・アメリカでは期待できるのではないでしょうか。逆に、結果が出せなければ直ぐに解任されそうな気もw
(;^ω^)

ブラジルやアルゼンチンでは監督をやりたくないなと、いつも思いますw
(;´∀`)

マジョルカは、かなり資金繰りが厳しいようですからね・・・。まずは、倒産しないようにするのが最優先でしょう。

川崎の勝利は劇的で、とてもハッピーな日曜日の夜になりました♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。